吉岡里帆は脇役でこそ輝く…吉田鋼太郎「監察の一条さん」連ドラ化を望む声

公開日: 更新日:

 ネット上では続編、連ドラ化を望む声が上がっている6月29日放送のスペシャルドラマ「監察の一条さん」(テレビ朝日系)。

 主人公の監察官・一条を演じたのは俳優の吉田鋼太郎(63)だ。定年間近で仕事をサボってばかりに見える一条とコンビを組むのが、警視庁捜査一課で華々しい実績を積んできた結城役の吉岡里帆(29)である。

「一条は派手なファッションに身を包み、チャラい雰囲気で周囲をけむに巻く。憎めないキャラは吉田さんにぴったりです。バディー役の吉岡さんも抜群に良くて、いい意味で目立っていました。吉田さんとダブル主演のような印象を持った人も多かったのでは」(エンタメサイト編集者)

 そんな吉岡、なぜか〈あざとい〉などと同性人気はイマイチとされ、そのせいか、かつて主演連ドラの視聴率はパッとしなかったのはご存じの通り。

「ところが、吉岡さんは2番手、3番手だとガ然輝き、視聴者からも注目されている作品が多いのが特徴でもあるんです。例えば、いまだに吉岡さんの〈代表作〉なんて言われる2017年放送のTBS系連ドラ『カルテット』。吉岡さんが演じた有朱は、ここ数年のドラマの中でも大人気の悪女キャラとして語り継がれてますよね」とは、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質