ピン芸人・永野さん「日本を代表する『気持ち悪い笑いの映画』を作りたい」

公開日: 更新日:

永野さん(ピン芸人)

 芸能人にファンが多いカルトな芸風が人気の永野さん。酒席での会話から俳優の斎藤工映画を作ることになり、今は自分で画策中。死ぬまでの目標は自らの脚本、監督で気持ち悪い笑いの映画を作り、各国の映画祭へ殴り込むこと!?

 ◇  ◇  ◇

 斎藤工くんは僕のネタを面白いと言ってくれて芸人として売れるきっかけをつくってくれた一人なんです。斎藤工くんは映画が大好きで、監督した「バランサー」(2014年)と「blank13」(18年)に僕を出演させてくれて、お話しする機会が多くなっていったんですよ。

 気も合うので、ある日話しているうちに「こんな映画撮ろう!」と酔っぱらった僕が冗談でバカなアイデアを話していたんですよ。

 そしたら翌日、斎藤工くんからラインで「永野さん、昨日言っていた映画、どうしますか」と。僕は忘れていて「何のことだ?」と(笑)。

 それから1年後に僕の脚本で2人が企画・プロデュース・出演した「MANRIKI」(清水康彦監督/万力による小顔矯正施術がテーマ)が完成しました。

 映画作りの期間、「映画ってこんなに大変なんだ」と思いました。僕はいつもやってるキモいネタを映画にした感じでしたけど、斎藤工くんが気に入ってくれて「世界の映画祭に出しましょう」と。彼が頑張ってくれたおかげもあり、韓国(プチョン国際ファンタスティック映画祭)とフランス(パリ国際ファンタスティック映画祭)に出席したんです。

 マニアックなものが好きな人たちの映画祭ですけど、韓国ではすごく盛り上がったんですよ。でも、パリでは反応が悪かった。上映中スベッてるから、地獄の90分(笑)。ウケなかったのはショックでした。

 もっとショックだったのは、アメリカで映画祭に出した時、関係者から直接「もっと振り切れてほしい」と言われて! 僕は芸人の中では「振り切れてる」と言われるタイプだったのに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた