著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

“陰キャ”で伸び悩む上白石萌歌…まだ姉・萌音に「逆転可能」な理由

公開日: 更新日:

 上白石萌音(24)が橋本環奈(23)とダブル主演を務める舞台「千と千尋の神隠し」が4日に大千秋楽(名古屋・御園座)を迎える。萌音は「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)、「カムカムエヴリバディ」(NHK)、そして今回の舞台と女優として成長を続けてきただけに、次はどんな作品に出演するのか期待が高まっている。

「今、“演技だけでお金を取れる”若手女優は本当に数えるほどしかいません。そのひとりが萌音といえるでしょう」(ドラマ関係者)

■「金田一少年」もパッとせず

 そんな萌音の話題になると、常に引き合いに出されるのが妹の萌歌(22)だ。上白石姉妹は2011年の第7回「東宝『シンデレラ』オーディション」で萌歌がグランプリを受賞し、萌音は審査員特別賞を受賞した。デビュー直後の期待度は当然グランプリの妹が上で、萌歌は12年2月に「分身」(WOWOW)でデビューすると、立て続けに話題作に出演。放送中のNHK朝ドラ「ちむどんどん」でもヒロインの妹役、「金田一少年の事件簿」(日本テレビ系)では金田一(「なにわ男子道枝駿佑)の幼なじみという“オイシイ”役どころを与えられてはいるものの、視聴者の反応はイマイチ。特に「金田一──」は、日本テレビがジャニーズ事務所の次世代を代表するアイドルを起用して制作する人気シリーズだが、平均視聴率は辛うじて6%を超える程度。関係者の評価も姉・萌音の方が常に一歩リードしている。

 姉妹の“人気格差”は、どうして生じてしまったのだろうか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変