芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

“陰キャ”で伸び悩む上白石萌歌…まだ姉・萌音に「逆転可能」な理由

公開日: 更新日:

 上白石萌音(24)が橋本環奈(23)とダブル主演を務める舞台「千と千尋の神隠し」が4日に大千秋楽(名古屋・御園座)を迎える。萌音は「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)、「カムカムエヴリバディ」(NHK)、そして今回の舞台と女優として成長を続けてきただけに、次はどんな作品に出演するのか期待が高まっている。

「今、“演技だけでお金を取れる”若手女優は本当に数えるほどしかいません。そのひとりが萌音といえるでしょう」(ドラマ関係者)

■「金田一少年」もパッとせず

 そんな萌音の話題になると、常に引き合いに出されるのが妹の萌歌(22)だ。上白石姉妹は2011年の第7回「東宝『シンデレラ』オーディション」で萌歌がグランプリを受賞し、萌音は審査員特別賞を受賞した。デビュー直後の期待度は当然グランプリの妹が上で、萌歌は12年2月に「分身」(WOWOW)でデビューすると、立て続けに話題作に出演。放送中のNHK朝ドラ「ちむどんどん」でもヒロインの妹役、「金田一少年の事件簿」(日本テレビ系)では金田一(「なにわ男子道枝駿佑)の幼なじみという“オイシイ”役どころを与えられてはいるものの、視聴者の反応はイマイチ。特に「金田一──」は、日本テレビがジャニーズ事務所の次世代を代表するアイドルを起用して制作する人気シリーズだが、平均視聴率は辛うじて6%を超える程度。関係者の評価も姉・萌音の方が常に一歩リードしている。

 姉妹の“人気格差”は、どうして生じてしまったのだろうか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ