BOØWYのパチスロ機登場でファン待望 デビュー40周年の“完全復活”に高まる期待

公開日: 更新日:

「40周年記念の集大成」と、関係者が意気込んでいるらしい。ボーカル氷室京介(61)、ギター布袋寅泰(60)らメンバーで黒一色に揃えたスタイルといい、ファッションでも当時の若者に影響を与えたBOØWY。

「わがままジュリエット」「B・BLUE」「ONLY YOU」「Marionette─マリオネット─」とヒット曲を連発するも、88年に解散。完成したばかりの東京ドームで行った「LAST GIGS」はチケット約10万枚が10分ほどでソールドアウトする人気ぶりを示したが、以来、再結成を求められつつ、実現していない。

 それが、この秋に「パチスロBOØWY」として、ディ・ライト社製の新機種で登場。ヒット曲22タイトルが流れる上、「LAST GIGS」などコンサート映像も見られ、7月からテレビCMが全国で展開されていくのだという。

 こうなると、改めて盛り上がるのが再結成を期待する声だろう。構成作家のチャッピー加藤氏が言う。

「氷室さんは2011年、東日本大震災のチャリティーで全曲、BOØWY時代の曲でライブを行っています。布袋さんも、19年リリースのアルバムで氷室さん以外の元メンバー2人と31年ぶりにセッションしていますし、松井恒松、高橋まことを含めメンバー4人全員がBOØWYというバンドを今も大切に思っていることは間違いありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

  2. 2
    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

  3. 3
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  4. 4
    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

  5. 5
    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

  1. 6
    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

  2. 7
    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

  3. 8
    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

  4. 9
    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

  5. 10
    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平

    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平