U字工事の地元愛に称賛の声! 賞金300万円を栃木県に全額寄付→EV車購入になった経緯

公開日: 更新日:

 なかなか出来ないことだろう。栃木県出身で、とちぎ未来大使を務めるお笑いコンビ「U字工事」が、クイズ番組で獲得した賞金全額300万円を県に寄付したことが分かった。福田富一知事が28日の定例会見で公表。ネット上でも、<とちぎ愛あふれる><栃木県を盛り上げたいという熱い思いが伝わる>など、好意的な受け止めがほとんどだ。

 一方で、<ん?なんで><誰が決めたの?><ホントに役に立つのか>などと疑問の声が出ていたのが、県が寄付金の使い道について「電気自動車(EV)」の購入を決めたことだ。なぜEVなのか? 県に理由を聞くと、こう回答した。

「(U字工事に)寄付金の使途について(要望を)尋ねたところ、災害対策に使ってほしい──というので検討しました。すると、災害時で困ったこととして避難所などでの電源がない、と。EVであれば、バッテリーと外部給電器をつなぐことで非常用電源として使用できます。ふだんは公用車としてフル活用し、災害時は蓄電池としても利用できると考えました」(デジタル戦略課)

 栃木県は関東平野を流れる河川の上中流部に位置し、大雨が降ると洪水になりやすい地形とされる。今後、豪雨災害などの現場で「U字工事」のEVの活躍が期待されるが、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)によると、EVやハイブリッド車が冠水した場合は「むやみに触らないようにしてください」と呼び掛けているだけに注意も必要だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応