本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

公開日: 更新日:

ナインティナインの巻(4)

 学費未納でNSCを3カ月で退学になってしまったナイナイ。それでも、当時の2丁目劇場の支配人が「おもろいコンビ作んのがうちの仕事でしょ!」とNSC担当者とケンカをしてまで起用し続け、お笑いダンスユニット・吉本印天然素材のメンバーにも選ばれ東京へ進出。以降はみなさんもよくご存じのように、「笑っていいとも!」のレギュラーになり、次々に冠番組を持ち、「めちゃイケ(めちゃ×2イケてるッ!)」でその人気は不動のものになります。

 ところが2010年の7月に岡村君が体調不良で約5カ月間の休養を余儀なくされました。当時、心配しながらも誰に聞いても実態がわからず「相当悪いらしい」「もう復帰は無理みたい」というネガティブな情報だけが駆け巡っていました。この時のことを拙著「素顔の岡村隆史」の取材で岡村君に話を聞きましたが、「よく戻ってこられたな」というのが正直な思いでした。

 休日の2日間を利用して一人芝居の台本を書こうと原稿用紙に向かったところから異変が始まっていました。一気に書いてしまおうと外からの音を遮断するためにノイズキャンセリングヘッドホンをつけて、糖分補給のために角砂糖をかじりながら、台本を書き続け、気がついたら一睡もせずにトイレ以外は食事も取らずに2日が過ぎていたというのです。「これはマズイ!」と病院で点滴を受けたものの、変なスイッチが入ってしまったのか眠れない日が続き、今度は番組で一言もしゃべることなく終えるようになりました。周囲の心配をよそに責任感の強い岡村君は「大丈夫やから」と言うばかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ