【追悼】葛城ユキさん“最後のコンサート秘話”…亡くなる10日前に車椅子で熱唱

公開日: 更新日:

 歌手の葛城ユキさんが腹膜がんのため27日、都内の病院で亡くなった。73歳だった。パンチのあるハスキーボイスで、40万枚の大ヒットとなった「ボヘミアン」(1983年)などで知られた。

■元「フィンガー5」晃が明かす

 葛城さんは、昨年4月にステージ4の腹膜がんと診断され入院。2度の手術を経て、今年5月17日に約1年ぶりに車椅子に乗った状態でステージに上がり復活したが、その翌週から体調が悪化。しかし本人の強い希望で、亡くなる10日前の6月17日、千葉で開催された夢グループ主催の「夢スター春・秋」コンサートに出演していた。

 各界からの追悼の声がやまぬ中、長年にわたり、夢グループのコンサートなどで共演した元フィンガー5の晃(61)も悲しみに暮れている。

「千葉のコンサートでは本当に体が痩せてしまっていて。看護師さんも来ていて、本当は歌える状態ではなかったと思いますが、昼の部では車椅子に座ったまま、『ローズ』を歌いきった。まさに命をかけて、魂で歌うその姿に胸を打たれました。その日はそれで終わりの予定だったのですが、もう一度ステージに上がりたいということで夜の部にも登壇され、出演者とのトークに参加した。最後に共演していたロザンナさんが“私は奇跡を信じます。あなたは絶対に帰ってきます”と言うと、会場は大きな拍手に包まれ、会場にいた誰もがそれを信じていたのですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか