浜辺美波は今でも"永遠の清純派"なのか…「蚊に刺された」だけでファン大騒ぎ!

公開日: 更新日:

■「これまで一度も付き合ったことがない」発言

「報道直後のネットは大荒れでした。そもそも、19年2月に出演した日テレ系の『アナザースカイ』で、『これまで一度も付き合ったことがない』と発言したことで、『永遠の清純派』のようなイメージをファンが勝手に作り上げてしまったためです。とはいえ、熱愛報道時、浜辺さんは21歳。『彼氏がいても全然おかしくない』とネットも徐々に落ち着き始め、後追い記事もほとんどなかったことから、結果、全くと言って良いほど彼女の仕事や人気にダメージを与えることはありませんでした」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 騒ぎが沈静化したもう一つの要因は、所属事務所のしっかりした管理体制にあるといわれている。たくさん控えるドラマや映画出演のために、事務所が浜辺を説得したのでは……と見る関係者もいた。

「浜辺の所属事務所には、斉藤由貴長澤まさみといった熱愛スキャンダルの常連のような先輩もいます。その反省が大いに功を奏したということでしょう。加えて、先輩たちとの決定的な違いは、スキャンダルと言ってもその内容があまりに地味だったこと。Ryugaは知名度が低く、二人の交際はイメージしにくかった。加えて、普段から浜辺はプライベートを撮られることもない。もともと超が付くほど真面目な性格で、遊び歩くこともほとんどなかったことも先輩たちとの違いでしょう」(関係者)

 来年3月には映画『シン・仮面ライダー』でヒロインとして出演し、4月からは、NHK連続テレビ小説『らんまん』のヒロインも務める。大作が控えているだけに、少なくともこれから1年以上は、浜辺のプライベート情報を耳にすることはなさそうだ。やはり浜辺は『永遠の清純派』のままでいくのだろう。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ