綾野剛「オールドルーキー」好発進も不安要素 “スポーツ馬鹿”の描き方にリスペクトなさすぎ

公開日: 更新日:

 26日にスタートした綾野剛(40)主演の日曜劇場「オールドルーキー」(TBS系)。初回の世帯平均視聴率は、11%台と好発進。横浜流星(25)がサプライズ出演し、ツイッターの世界トレンドで1位になるなどネットでの評判も上々だ。

 本作は、現役を引退したサッカー元日本代表の主人公・新町亮太郎(綾野)が、所属していたJ3チームが解散したことをきっかけにスポーツマネージメント会社「ビクトリー」でセカンドキャリアを歩む過程を描いたヒューマンドラマ。

 またサッカー選手である父に誇りを持っていた娘たちからは、サッカー選手を引退したことで口を聞いてもらえないが、妻・果奈子(榮倉奈々)と共にキャリアも家族も再生させるべく奮闘する姿も描かれ、ネットでは<こっちの方が「マイファミリー」ぽい(笑)>という声も上がっていた。

 暴露系YouTuber・ガーシーこと東谷義和氏(50)による度重なる暴露によって、今作の行方を不安視する向きもあったが、ネットでは《綾野剛のハマり役だと思う》《さすがの演技力で、面白かったし、パパ役の綾野さんて、何か新鮮で優しくて素敵》《綾野剛、演技上手いなぁ。最後まで引き込まれた》と高評価の書き込みが続出した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質