芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

「じぞ恋」で井川遥の好感度が急上昇…インスタの「手作り弁当」で女性ファンも激増

公開日: 更新日:

 6月21日に最終回を迎えた『持続可能な恋ですか?』(TBS系)は、視聴率こそパッとしなかったものの、2年ぶりに連続ドラマに出演した井川遥(45)に称賛の声が上がっている。

 SNSには《控え目ながらも日向明里(井川)の立ち振る舞いひとつひとつに本当に勇気付けられました》《とても45歳とは思えない井川さんの清楚な美しさと独特な空気感に釘付けです》《心が洗われるような思いとはこういうことだったんでしょうね…》とポジティブな感想が溢れた。

 井川が女優として再び輝きを取り戻したのは、2年前に出演した『半沢直樹』(TBS系)での料理屋の女将役からだろう。そのアラフォー世代が醸し出す落ち着いたたたずまいは、中年男性の心を鷲づかみにして離さず、「あんな女将のいる店があるのなら絶対行きたい」「間違いなく常連客になる」と妄想をかき立てた。

「好感度が急上昇した井川さんのCM契約料は、それまでの1本2000万円から倍以上にアップしました。40歳を過ぎ、既婚で2人の子供の母親でもあることを踏まえると、非常に珍しいケースと言えるでしょう。井川さんが出演するサントリー『角ハイボール』のCMは8年目を迎えましたが、これは異例の長期契約です。CM契約数だけを見ると、井川さんの5本は突出して多いわけではありません。ただ、中年男性層の好感度に絞れば、その圧倒的な人気ぶりは間違いなく"女王"と言えます」(広告代理店関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応