ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

参院選に水道橋博士と生稲ちゃんが出馬 選挙が急に身近なものになったのだ!

公開日: 更新日:

 その昔、物知り顔で大人の人が俺にコー言った。

「選挙ってのは国民の義務ではなく、権利ですから!! その権利を自ら放棄してしまうのは法治国家に生まれたことを拒否しているような振る舞いとしか思えません!! 確かに、政治といわれると、どこか遠いところで行われていると思うかもしれません! しかし、この一票というものは我々自身の暮らしや将来・未来に直結しているものなんです!! 決して遠い世界の話ではなく、ごくごく身近なものであると考えて、ぜひ投票所に足を運んでください!!」

 その時20歳になりたての俺は「はあ~???」と口を開けたまま……、「身近って言われてもピンとこねーなア!?」と思いながらも、なぜか権利の放棄という言葉だけが頭の片隅にこびりつくように残り、選挙のつどに可能な限り投票所へ足を運んでいたのです。

 ところが、あれから時は流れて数十年、ついにあの時のあの大人の人の言葉の意味がわかったのです。

 2022年6月22日公示、7月10日投開票の参議院選挙に身内から水道橋博士が出馬することとなったのです!! しかも、れいわ新選組から比例代表選に挑むのです。

 れいわの代表といえば、ご存じ、山本太郎氏じゃないですか! 山本氏といえば、かつて「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ系)で海水パンツに水泳帽、全身ローションを塗りたくり、ダンス甲子園という企画で「オバQ~!!」「モンテスQ~!!(あったかな?)」とノリノリで独自なダンスをメロリンQという芸名で披露していたその人なのです!!

 いや~懐かしい……というかあの時、俺はまさにその日テレの放送作家をやっていて番組を書いていたのだし、そのネタを深夜までコツコツ考えている時にいつも隣にいてくれたのが水道橋博士なのだから、ウ~ン選挙ってホントにこんなにも身近なもんだったのね~!!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!