邦画も洋画も「大人のための良作」がズラリ! いま映画界が中高年層に注目する理由

公開日: 更新日:

 映画ランキングに異変アリ。いま、日本の映画興行に変化がみられると話題になっている。興収30億円突破も勢いが衰えない「トップガン マーヴェリック」をはじめ、初代ウルトラマンを新解釈で描いた「シン・ウルトラマン」、1979年放映のファーストシリーズ15話を長編化した「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」と、中高年をターゲットにした作品が上位にずらりと並んでいるのだ。

 さらには、役所広司主演の時代劇「峠 最後のサムライ」、84年公開のスティーブン・キング原作ホラー映画のリメーク「炎の少女チャーリー」など、この後も同様の話題作が続く。

 女性や若者、家族向け作品が主流の近年では珍しいこうした現象について、映画批評家の前田有一氏が解説する。

「コロナ禍の発生により、感染を恐れる中高年のお客さんが激減、各社ともこの層に向けた作品を真っ先に公開延期していました。今は『トップガン』などそうした大作のタマ数が豊富な状況です。トップ10に入る話題作以外にも『太陽とボレロ』のような、しっとりと味わえる大人向けの良作が揃ってきました。再び中高年層を映画館に呼び戻したい業界にとっては大事な局面といえるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出

    ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出

  4. 4
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  5. 5
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  1. 6
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  2. 7
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  3. 8
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  4. 9
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  5. 10
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ