本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)などの著書がある。新著「1秒で答えをつくる力──お笑い芸人が学ぶ『切り返し』のプロになる48の技術」(ダイヤモンド社)が発売中。

ナインティナインはNSCをクビになっていた!「岡村・矢部出入り禁止」事件

公開日: 更新日:

 5月の2回目の授業で、本来は生徒たちに考えさせないといけないものをうっかり「君らボケとツッコミ逆やで!」と自分の意見を言ってしまいました。実は、矢部君も「ボケは俺とちゃう、絶対岡村さんや」とすでに気づいていました。しかしながら「ボケをやらしてください」と言った手前、矢部君も「逆にしましょう」とはなかなか言い出せず、「早よ岡村さんから言うてきて……」と望んでいたようです。そんなタイミングでの私のコメントは渡りに船で、矢部君の思惑通り、スムーズにナイナイのボケとツッコミは入れ替わったのです。以降6月の3回目のネタ見せは入れ替わったボケとツッコミで格段に面白くなっていました。

 私も内心「ええぞ、ええぞ」と思っていたのですが、6月30日に“事件”は起こりました。

 事務所の入り口に「岡村・矢部出入り禁止」という紙が張り出されたのです。

 当時の授業料は月謝で、「NSCは出世払いができる。ダウンタウンさんも月謝を払ってなかったらしい」という“都市伝説”をうのみにしていたナイナイの2人も支払っておらず、この年から月謝への対応が厳しくなり、それまでも「ちゃんと払えよ」と言われていたにもかかわらず「大丈夫やろ」と安易に思っていたらしく、突然の退学処分に慌てていました。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も