太田省一
著者のコラム一覧
太田省一社会学者

1960年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。テレビと戦後日本、お笑い、アイドルなど、メディアと社会・文化の関係をテーマに執筆活動を展開。「紅白歌合戦と日本人」(筑摩書房)、「芸人最強社会ニッポン」(朝日新書)、「21世紀 テレ東番組 ベスト100」(星海社新書)など著書多数。最新刊は「放送作家ほぼ全史」(星海社新書)。

高田文夫は80年代のお笑い&バラエティー全盛の中で放送作家の新たな立ち位置を見せた

公開日: 更新日:

(4)ビートたけしの「相方」高田文夫

 1980年代初頭の漫才ブームをきっかけに、テレビはバラエティー番組全盛時代を迎える。そしてお笑い芸人もまた、時代を動かすカリスマ的存在になっていく。その中心が、タモリビートたけし明石家さんまの「お笑いビッグ3」であったことは、よく知られているだろう。そのビートたけしと運命的な出会いを果たし、「相方」的存在になったのが放送作家の高田文夫だった。

 高田は、1948年東京生まれ。1947年生まれのビートたけしとは同年代、ともに団塊の世代である。少年時代から大の演芸好きで寄席や演芸場に通っていた。日大芸術学部に入学後は、落語研究会に所属。後年、立川流に入門して「立川藤志楼」の名で真打ちとなって高座に上がったように、大衆演芸への深い愛情は、高田文夫という人間の一番根底にあるものだ。

 一方で、フジテレビの「おとなの漫画」が好きで、そのコントの作者である青島幸男に熱烈に憧れた。そして大学卒業とともに、フジテレビ「夜のヒットスタジオ」の出演でも有名な放送作家・塚田茂に弟子入りし、すぐに売れっ子に。たとえば、フジテレビ「ひらけ!ポンキッキ」で歌われて空前の大ヒットとなった「およげ!たいやきくん」は、高田の企画によるものだった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害