BTSは“普通の男の子”になりたかった…プロパガンダ的存在に辟易「1年前から布石はあった」

公開日: 更新日:

 世界的な人気を集める韓国のボーイズグループBTSが14日、ユーチューブ公式チャンネルで活動休止を発表した。リーダーのRM(27)は「BTSは(2020年にヒットした)『Dynamite』の頃までは自分の手のひらの上にあったけれど、今はどんなグループなのか分からなくなってしまった。韓国のアイドルシステムは人として成熟するための時間を与えてくれない」と心の内を明かした。

 発表の翌日には所属事務所HYBEの株価が約24%安を記録するなど韓国経済をも揺るがす大事件になっている。折しも10日にアンソロジーアルバム「Proof」をリリースしたばかり。渋谷ハチ公前に張り出された巨大ポスターの前は聖地化。韓国で今月と来月にライブが予定されているため、いずれ日本でもライブが開催されると期待が高まっていただけに日本のファンにとっては青天の霹靂。ネット上では“悲報”の文字が飛び交った。

文前大統領のプロパガンダ的存在に辟易

 日本国内での韓国エンタメプロデュースに携わり、K-POP業界に精通するタレントのローバー美々氏がこう言う。

「実はここ1年、布石はありました。写真集を発売しないと公言しながら、韓国版の再販写真集が立て続けに発売されたり、BTS担当を長く務めていたレコード会社の方が担当を外れていたり、体制が変わっていたので、私は来日はないと踏んでいました。

 もともと特別扱いされるのを嫌うBTSは兵役を志願。ところが大統領特別使節に任命され、優等生のBTSゆえ文在寅大統領(当時)のプロパガンダ的存在になってしまい、徴兵免除の話まで浮上し、韓国のエンタメ国策や政治を背負う存在になってしまった。

 しかしながら、昨年9月に国連総会でパフォーマンスを披露後、コロナに感染。ビルボードは4冠でも、グラミー賞はノミネートだけで受賞できず、アメリカの“見えない壁”に阻まれたのです。新曲MVでは、少年の格好をして『僕たちは少年の頃に音楽が好きだっただけ』と周囲の重圧に息苦しさを感じる後ろ向きな歌詞をつづっています。

 兵役問題、メンタル的な疲れ、そこに政権交代で大統領が代わり“文政権の呪縛”が解けたので休止を発表したのだと思います。今後はソロ活中心と発表しているので、ファンに寂しい思いをさせないよう、順次兵役に行くのでしょう」

 BTSも“普通の男の子”に戻りたかったようだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟