吉永小百合ら“モノ言う”俳優陣も賛同「日本版CNC設立を求める会」で国内映画界は変われるか

公開日: 更新日:

 日本の映画業界の環境改善と持続可能にすることを目指す「日本版CNC設立を求める会」が14日、都内で記者会見を行い、映画監督の是枝裕和氏(60)、西川美和氏(47)らが登壇した。

 是枝氏は「2019年から映画をめぐる環境を変えていくべくリモートを中心に会議を進めてきました。少しでも映画界を労働環境として改善できたら。どう衰退を食い止めるか、次の世代の可能性を狭めずにパスを渡すことを考えている」そうで、諸外国のように興行収入などを財源に製作現場に還元するサイクルや労働環境の改善などを日本に合わせた形で構築することを目指す。

■長時間・低賃金労働が常態化

 日本映画界はコロナ禍でミニシアターが閉鎖の危機に追いやられた際には、映画ファンたちのクラウドファンディングで持ち直したものの、肝心の映画業界は傍観。映画に関わる人材の75%がフリーランスで年収300万円を下回り、長時間・低賃金労働が常態化。また映画監督や俳優の性被害など問題が山積するにもかかわらず手をこまねいてきた。賛同者として登壇した白石和彌監督(47)も「このように有志が意見しなきゃいけないことが困窮した状況を示している。2019年に2600億円の興行収入を記録した映連さん(日本映画製作者連盟)にリーダーとして動いて欲しい」とコメント。性被害問題も労働環境改善の一環として取り組み、3月にはあらゆる性被害に反対する声明も発表。賛同者には、吉永小百合(77)、役所広司(66)、小泉今日子(56)、斎藤工(40)など“モノ言う”俳優陣も名を連ねている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ