二宮和也は“師匠”木村拓哉を本当に超えたのか…「マイファミリー」圧勝の舞台裏

公開日: 更新日:

 最終回の平均世帯視聴率は16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。勝てば官軍で、嵐・二宮和也(38)の株が急騰したことだけは間違いない。

 二宮主演のTBS日曜劇場「マイファミリー」は初回12.6%でスタート。その後2ケタをキープしたまま、第9話は14.2%、そして12日放送の最終回で16.4%と、春のドラマ戦線をほぼ独走状態で大勝利を飾った。8月には主演映画「TANG タング」の公開も控えており、さらに弾みがついた格好だ。

「物怖じしない二宮さんが〈怖い存在〉と話す木村拓哉さんの主演ドラマ『未来への10カウント』が1ケタを記録したこともあったのとは対照的で、〈ニノが"師匠"に圧勝〉なんて報じたところもありましたが、TBSの関係者にとっては木村さんを超えたかどうかなんてどうでもいい話。正直なところ、ホッと胸を撫で下ろしていますよ」(ドラマ制作会社関係者)

 まあ、そりゃそうだろう。あれだけゴージャスな面々を集めてコケたら、二宮の俳優業に影を落としかねなかった。

「ニノの妻役に多部未華子、友人役に賀来賢人濱田岳、ニノをマークする刑事役に玉木宏、ビジネスパートナー役に高橋メアリージュン、隣人役に松本幸四郎、日曜劇場恒例のお笑い芸人枠としてサンドウィッチマン富澤たけしと、いずれも第一線で活躍している主役級ばかり。誰が主役を張っても不思議じゃない豪華な出演陣でコケるわけにはいかないでしょう。濱田の妻役で、最後の最後で絡んできた珠城りょうにしても、宝塚の元トップスターですからね」(テレビ誌ライター)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差