さだまさし、桑田佳祐ら令和時代に響く「声なき反戦歌」60年代との違いは?

公開日: 更新日:

 ♪わたしは君を撃たないけれど、戦車の前に立ち塞がるでしょう

 シンガー・ソングライターのさだまさし(70)は、そう新曲「キーウから遠く離れて」で歌う。

「殴られたら殴り返す感覚というか、おかしいと思うことが起きたら声に出さなくてはいけない」「ここで歌わずにいつ歌うの? と思う」などと、各紙インタビューでコメントしている。

 一方、桑田佳祐(66)が作詞・作曲し、同世代の歌手4人と組んだシングル「時代遅れのロックンロールバンド」を配信、平和への思いを歌っているほか、南こうせつ(73)、武田鉄矢(73)はさだまさしと共にイベントで反戦歌を響かせている。

 米国の軍事介入で泥沼化したベトナム戦争では、反戦フォークの波が日本でもひろがり、ピート・シーガーの「花はどこへ行った」、ボブ・ディランの「風に吹かれて」、そしてジョン・レノンの「平和を我等に」「イマジン」を集会で合唱し、熱く議論する姿がそこここでみられたものだ。日本でも美空ひばりの「一本の鉛筆」など、反戦歌とされる楽曲は少なくない。60年代、70年代を生きた、もしくは時代を知る中高年世代からしてみると、「今の若い世代は反戦を歌わないのか」と言いたくなるかも知れない。

■反戦歌に聞こえる米津玄師の楽曲

 日本の音楽シーンに詳しい構成作家チャッピー加藤氏はこう言う。

「あからさまに戦争反対を叫んでいないだけで、反戦や平和をモチーフにした曲はそこここにありますよ。平成生まれの米津玄師の『POP SONG』など、CMソングとしても流れていますが、ウクライナ侵攻のニュース映像を見たあとで聴くと反戦歌に聞こえてくると言われています。理不尽な社会で、まっとうに、普通に幸せになりたいのにと思いながら、つらい思いをしている。そんな社会とのつながり、葛藤は昔も今もなく、アーティストであれば、歌や曲で表現していると思いますよ。ただ、60年代と比べるとより内省的というか、伝わる人、分かる人にだけ分かればいい、届いて欲しいというような表現になっている。直接的に思いを発信したり、メッセージを叫んだりすると、すぐに炎上し、バッシングされる今の世の中ですからね」

尾崎豊の没後30周年

 そうした、暗号のようなメッセージを聞く側はどのように思っているのか。肩を組んで合唱したり、拳を突き上げる姿もコロナ禍ということもあってか、とんと見ない。

「ことしは尾崎豊の没後30周年にあたり、展覧会が開かれましたが、尾崎は珠玉のラブソングだけでなく、反戦、平和を歌った楽曲も残しているんですね。タイトルから『核』だったり。会場ではそんな尾崎のメッセージに反応し、食い入るように見つめる若者たちの姿がありました。彼らも声高には言わないけれど、何の罪もないような子供や女性までが殺されていくニュースを見聞きして、愛する人がそうなったとしたらどうしたらいいのか、どう守ればいいのか、考えていると思う」(加藤氏)

 令和の21世紀の日本で、声なき反戦歌が響いているようだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟