新妻の久慈暁子アナ「フジ以外で大暴れ」はしばらく封印か 結婚報告の“恩返し”には「?」も

公開日: 更新日:

「会社に事前に報告がなかったので驚きはありましたが、彼女の人生の節目としてはしっくりきました。結婚発表を素直に祝福した社員は多いと思いますよ」(フジテレビ関係者)

 5月26日、元フジテレビの久慈暁子アナウンサー(27)は、4月末の退社後に初めてテレビ出演した同局系の「ポップUP!」の生放送中に、バスケットボール日本代表でNBAラプターズ所属の渡辺雄太選手(27)との婚約を発表した。

 久慈アナは5月1日からは、モデルとして活動していた大学時代に所属していた芸能事務所「インセント」に所属。フリーアナだけではなく、タレントや女優業など新たに活動の場を広げていくとしていた。

「今年1月にブログで退社を報告した時、久慈アナは既に結婚を視野に入れていたはず。そういう意味では、久慈アナのタレント活動を応援しているファンを裏切ったことになります。もう一つ解せないのは婚約発表を『ポップUP!』で行ったこと。2人の出会いは2019年、久慈アナがスポーツキャスターを務めていた『めざましテレビ』の取材だそうです。その後もお世話になった『めざまし8』のスタッフが現在『ポップUP!』にいることから、恩返しのつもりで同番組で婚約を発表することにしたということですが、恩返しをするつもりならやはり『めざまし8』で報告すべきだったのではないか。でも、そんなチグハグで独り善がりなところが久慈アナらしいとも言えます」(芸能ライター・弘世一紀氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感