綾瀬はるか「元彼の遺言状」が録画視聴や見逃し再生で高支持も…素直に喜べないワケ

公開日: 更新日:

 春ドラマもいよいよクライマックスだが、どの番組が人気なのか。最新話の世帯視聴率では、「マイファミリー」(TBS系)、「未来への10カウント」(テレビ朝日系)、「特捜9」(同)が高く、「元彼の遺言状」(フジテレビ系)が続いている。

 もう一つの目安となる録画視聴率では、「元彼」「マイファミリー」、「インビジブル」(TBS系)の順だ。TVer再生の「お気に入り」は「元彼」の約90万がダントツで、「マイファミリー」「インビジブル」も多い。

 日曜夜の「マイファミリー」が世帯視聴率で高いのは当然として、録画視聴でも見逃し再生でもトップの「元彼」は、「必ず見る」という“支持度”では最も上ということになるだろうか。

 しかし、テレビ局や制作スタッフはいま、こうした数字を人気のバロメーターとして素直に受け取れなくなっている。どういうことか。

「テレビドラマの倍速視聴やネタバレ視聴が、いよいよ広がっているんです。録画して早送りやTVerの×1.75で見るのが倍速、先に結末を知って面白そうだったら戻って見るのがネタバレです。凝った布石を仕掛けたり、俳優がじっくりと心の内を演じても、まどろっこしいと飛ばされてしまう。それでも視聴率にカウントされるので、数字はいいのですが、ちゃんと見られていないんです」(テレビ番組制作会社幹部)

 視聴者の約35%が倍速視聴をしていて、20代は半数以上になるという。ときには1時間ドラマを10分で見てしまうというから、俳優も制作スタッフもがっくりだろう。では、倍速されやすい春ドラマはどれか。

「未来への10カウント」倍速視聴が減ったワケ

「ストーリーが複雑すぎて、初めからしっかり見てないと付いていけないドラマは、疲れるからとネタバレ視聴されやすいですね。『マイファミリー』や『インビジブル』などはそうでしょう。『元彼』は逆に謎解きが単純で、犯人がすぐわかってしまうので早送りされます。それをコメディー路線に振ることで食い止めようとしているのですが、見どころは綾瀬はるか大泉洋のコントのようなやりとりだけ。早送りと再生を頻繁に切り替えて、そこだけ拾われてしまっているのではないでしょうか」(放送作家)

 テンポが悪くて、倍速でないと見続けられないのが、「金田一少年の事件簿」(日本テレビ系)や「持続可能な恋ですか?」(TBS系)だろうか。

 一方、終盤になって倍速視聴が減っているのが「10カウント」である。前出の放送作家はこう見る。

「キムタクの一本調子の芝居をコミカルな満島ひかりがカバーしていて、ツーショット以外でも、ほとんどのシーンでどちらかが登場しているんですね。退屈させないこの演出がうまくいって、リアルタイムで見る人が増えているのでしょう。世帯視聴率が急回復しているのはその証拠です」

 かつては視聴率男のキムタク。いまは「倍速視聴させない男」というわけだ。

(コラムニスト・海原かみな)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…