小室圭さんが失業なら…切羽詰まった眞子さんの帰国はあるのか

公開日: 更新日:

 ビザの失効で、小室圭さんと眞子さんが日本に帰国することはないだろうと前回書いたが、このビザの問題に加えて、もう一つの帰国説が流れている。小室さんが2度目の司法試験に失敗したせいで、勤務先の法律事務所を解雇される可能性があるというのだ。そうなると暮らし向きに見通しが立たなくなって帰国せざるを得ないのではないかと。だが、これもあり得ない。

 仮に切羽詰まって日本に帰国したとする。帰国して何をどうするのだろう。

 ニューヨークに渡航する前に、これまで批判してきたマスコミに対して、下世話な言葉で言えば「啖呵を切って」日本を離れたのだ。当然、帰国すればそんな眞子さん夫婦を追っかけるはず。「特別な人」とはいえ、今度は一般人だから、内親王の時のような警備はできないはずである。

 日本を離れる前、一時滞在したようなマンションを借りたとする。もし24時間張り込むマスコミがあれば、家を一歩も出られなくなってしまうだろう。UberEatsを頼む? まさか!

 仕事をするのも大変だ。例えば、眞子さんが結婚する前まで働いていたところに東京大学総合研究博物館がある。ここでの眞子さんは特任研究員という肩書であったが、勤務するのは週3日ほどだった。それでも秋篠宮邸から通勤する際には警備がつくから、マスコミを気にすることもなかった。

 しかし帰国すれば、警備がつかないか、ついても少人数だ。尾行されるなど嫌な思いをしても追い払うこともできないだろう。行きたいところへ自由に行けないことになって、不自由さは違うが、内親王だった時よりもさらに不自由になるかもしれない。

 監視されない生活をしようと思えば、かつて住んでいた赤坂御用地内の実家に戻ることだが、これがむずかしいのである。

 皇籍を離れた人は、「皇室用財産」である皇居や宮家には住めないといわれている。ただ、実は住んだ前例はある。昭和天皇の皇女・孝宮和子さんである。といってもご存じの方は少ないだろう。1950年に五摂家だった鷹司家の長男・鷹司平通氏に嫁いだものの、66年に平通氏が事故死し、その2年後には強盗に襲われて手にケガをするなど不幸が重なったため、昭和天皇のご意向によって赤坂御用邸でひとり暮らしをしていた。半世紀も前のことだが、こういう前例があれば、眞子さんが実家に戻ることも決して不可能ではない。ただし、眞子さんの場合は小室さんがいることや、赤坂御用地に戻らなければならない逼迫した事情はないから、天皇がこれを認めることはあり得ない。

 とすれば、やはりマンションを借りるか買うかして住むしかない。

 眞子さんは美術が好きだといわれるから、国立新美術館や国立西洋美術館に学芸員として就職することも考えられるが、内親王の時のように警備もなく、マスコミに監視されながら、果たしてどこまで続けられるだろうか。

 これは小室さんも同じである。そのうえ、もし日本で弁護士になるつもりなら、アメリカの法律は役に立たないから、改めて日本の法律を学ぶしかない。そうなると、たとえ弁護士になれたとしてもさらに先の話になる。

 こうして考えると、眞子さんも小室さんも、今の日本には居場所がないということは明らかだ。そもそも眞子さんが小室さんに、「海外に拠点をつくって欲しい」と頼んだ時点で、日本に居場所がなくなることを覚悟していたのではないか。

 今いるニューヨークでは、眞子さんの新しい人生がすでに始まっている。それを捨てて何もない日本に戻る選択肢なんて、眞子さんにはないはずである。(つづく)


◆本コラム待望の書籍化!大幅加筆し、好評発売中!
マコクライシス 『眞子さんの乱』で見えた皇室の危機
奥野修司著(日刊現代・講談社 1540円)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…