ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

上島竜兵のバカ野郎! 最後まで俺を困らせんじゃねーよ

公開日: 更新日:

 2022年5月13日夜10時をわずかに回った時刻、仕事で大阪のホテルに宿泊している俺の携帯電話が静かな室内に響き渡った。

 着信表示を見ると、それは長い間、本当に長い間、上島竜兵(ダチョウ倶楽部)のマネジャーをしてきた女性Sちゃんだった。電話の向こうのSは声を詰まらせ一言一言まるで絞り出すように「……ダンカンさ、明日身内だけで……密葬します……お時間がもしよろしければ……別れを告げていただければ……」。

 11日未明に日本中のだれもが信じられない(信じたくない)急死をした上島竜兵告別式の旨を伝えてきたのだ。

 翌日も大阪での仕事が入っていた俺は断腸の思いで欠席を告げ、「中野猛虎会(松村邦洋と上島竜兵と俺の阪神を応援する会)の一員として空の上から弱い阪神を見守ってくれよと最期伝言を頼む……」と涙をこらえ伝えると、「はい……すみませんでした……」「えっ……何?」「竜兵さん、中野猛虎会なのにDeNAの始球式やっちゃって気にしてたんです……」「ううん、いいよ阪神でもDeNAでも野球ファンを楽しませたんだから」「でも、でも……竜兵さん、パンツは阪神のをはいてました……」。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…