てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

コント赤信号・渡辺正行の代名詞「コーラ早飲み」“不敗神話”の裏に「無理と我慢」

公開日: 更新日:

「2本飲むってことが、どんだけ大変なことか!」(渡辺正行/TBS系「ラヴィット!」5月25日放送)

 ◇  ◇  ◇

 コント赤信号の「リーダー」こと渡辺正行(66)の代名詞といえば、もちろん「コーラの早飲み」だ。番組で見取り図・盛山と対戦することになった渡辺は、その衰えのない早飲みを見せつける。だが、スタートのタイミングを間違え勝負は不成立に。もう一度となったときに叫んだ一言が今週の言葉だ。

 もともと「コーラの早飲み」芸が生まれたきっかけは偶然だった。渡辺は明治大学の落語研究会に入り、先輩の三宅裕司や立川志の輔に出会った。当時、2人が俳優を目指していたため、影響を受けた渡辺は落研の同期である小宮孝泰と劇団テアトル・エコーの養成所に入所。先輩であるラサール石井と「芝居」の練習としてトリオを組んだ。それが「コント赤信号」の始まりだった。

 ストリップ劇場などで腕を磨いているうちに本格的にお笑いの世界に入り込み、「暴走族コント」などで3人はブレーク。「笑ってる場合ですよ!」や「オレたちひょうきん族」(ともにフジテレビ系)などに出演し、確かな地位を掴んでいった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…