桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

「夢グループ」が芸能界を明るくしている!往年の歌手たちに歌える場を与えた功績は大きい

公開日: 更新日:

 昨年4月にスタートした「週刊さんまとマツコ」(TBS系)。苦戦が続き、この4月からは日曜午後1時30分と時間帯を変更。22日は「夢グループビヨンド」とし、夢グループを特集した。

 実は昨年9月にも特集しており、その際に石田重廣社長が登場。社長とさんまが同じ7月1日生まれのB型という因縁や、育毛剤、痩せるクリームから始めた通販事業の話、所属タレント1号は狩人だったという話など年商151億9000万円の夢グループの全貌が明らかになった。

福島出身の石田重廣の手腕

 面白かったのは第1号所属タレントの狩人の売り方。「あずさ2号」などのヒット後は鳴かず飛ばず。当時、年間2本だった仕事が石田社長のマネジメントで120本に増えたとか。売り方がまた独特で芸能関係にコネもつてもない石田社長が通販のノウハウを生かし、全国の自治体や5000カ所のホテルにカタログを送付した。そこには1ステージ60分80万円、2ステージ120分160万円……。だが、160万円に×をつけて消し、赤字で100万円と。2ステージの方がお得じゃないか、となるらしい。

 その手腕を見込んだチェリッシュや小林旭から所属タレント志願の電話がかかってきた。CMで「社長~」と甘えたような口調の女性との愛人疑惑も否定。彼女が三木たかしの秘蔵っ子で歌手の保科有里であることもわかった。

 で、今回。再び社長と保科が登場。所属タレントが増殖し続け、経営圧迫、経営破綻の危機! とか。夢コンサートの模様をVTRで流したが、尾藤イサオ「あしたのジョー」、あべ静江「コーヒーショップで」、葛城ユキ「ボヘミアン」と、出てくるのが昭和のスターたちで、マツコも大興奮。

細川たかしと長山洋子の移動距離は1591キロ

 1本のコンサートでギャラの予算は500万円以内だが、運営費はかさむ上にコロナ禍、ギャラを支払えないほど困窮していると社長。

 そこで70歳以下の男性歌手は付き添いのマネジャーもメークもなし(女性はOK)というルールを課し、過酷なスケジュールで、ほぼ毎日1日2公演当たり前、日本のどこかで夢コンサートが行われている状態に。

 その過酷さは細川たかし&長山洋子コンサートを例にとると6時30分に羽田空港に集合、ワゴン車で女満別空港から北見市民会館、終了後は紋別市民会館、さらに翌日に備え留萌市文化センターまで移動。2日間の移動距離は約1591キロ!

 とはいえ、往年のヒット歌手たちに歌える場を与えた功績は大きい。29日は後編も放送するので要チェックだ。

 石田社長様々。福島出身、ほんのり福島なまりがあるのもご愛嬌。逆に人柄のよさが際立つ。「ジャパネットたかた」の先代社長がテレビから遠ざかって、令和は石田社長。夢グループが芸能界と日本を明るくしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…