元芸能リポーター井上公造氏が念願の「徹子の部屋」出演! ガチガチ大緊張で取材逸話語る

公開日: 更新日:

 今年3月いっぱいで、36年の芸能リポーター生活にピリオドを打った井上公造氏(65)が、5月26日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演した。

 さまざまな番組に出演してきた井上氏にとって一つだけ心残りだったのが、「徹子の部屋」から声がかからなかったことだっただけに、今回の出演を小躍りして喜んだとのこと。

 黒柳を前に緊張の面持ちの井上氏は、これまでで一番印象に残ったという美空ひばりのレコーディングについてや、勝新太郎とのエピソードなどを披露。六本木のそば屋で偶然遭遇した勝に連れられ、銀座のクラブなどを7軒飲み歩き、計1000万円の会計を勝がキャッシュで済ませ、残金がなくなったため、井上氏がタクシー代を勝に貸したエピソードなど、昭和の大スターの豪快話は、最後の大物芸能リポーターならではといったところだろう。

「レギュラー番組9本を抱えていた井上さんは、激務による体調不良を理由に芸能リポーター引退を決意したということでしたが、自身でも『出る幕がなくなった』と話しているように、芸能人自らがSNSで発信できる時代になったことも、引退の大きなきっかけになったようです。1980~1990年代にワイドショーが全盛期を迎えたのは大スターの存在があってこそでしたが、今では全世代が知るような大物芸能人は少なくなり、若者を中心にユーチューバーに取って代わるなど、芸能界やマスコミのあり方も変わってきています。ネット主流の今、芸能人といえども不倫などをテレビでスキャンダラスに報道するのをよしとしない風潮も、芸能リポーター不要論を加速させたように思います」(テレビ制作会社関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか