芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

吉高由里子と広瀬アリスが24年大河ドラマ収録で"ニアミス"…関係者が早くも気を揉む2カ月間

公開日: 更新日:

 2024年NHK大河ドラマ『光る君へ』の主演が吉高由里子(33)と発表されたばかりだが、早くも芸能関係者の間ではある"難題"が囁かれ始めている。『関ジャニ∞大倉忠義(37)との交際が明らかになった広瀬アリス(27)と、嫌でも顔を合わせることになりそうなのだ。広瀬は23年の大河ドラマ『どうする家康』の終了後にも、大倉と結婚するかもしれないと囁かれており、大倉の元カノである吉高が、広瀬の前で平静を保つことができるかどうか懸念されている。

 別々の大河ドラマに出演する二人の"ニアミス"が心配されているのは、収録スケジュールの都合上の理由だ。大河ドラマは収録は基本的に例年、9月始めから翌年10月末となっている。

 出演俳優の不祥事などのアクシデントやコロナ禍の収録には特例もある。放送中の『鎌倉殿の13人』の小栗旬(39)のように、「役作りに時間が掛かるから」という理由で準備期間を更に設ける役者もいるが、おおよそのクランクインは9月上旬になる。とすると、前作と本作の間にどうしても"2カ月弱"の重複期間が生じる。これが今回囁かれ始めた"ニアミス"が生じかねない期間となる。

■大河の前作と本作の出演者間で行われる陣中見舞い、挨拶、差し入れ

 収録はもちろんロケや、特撮技術に対応できるスタジオに移動しての撮影もあるが、セットを常設している局内の隣り合わせのスタジオで行われることになるから、必然的に出演者同士で控え室の行き来もあるだろうし、陣中見舞いや差し入れの交換のような交流も生まれてくる。

 また座長となる吉高とすれば、前作となる『どうする家康』の松本潤(38)、岡田准一(41)、有村架純(29)の控え室に特別な有名菓子店の銘菓や『光る君へ』関連の名産品などを手土産に挨拶に行くのが大まかな流れになってくる。

 その他の出演者やスタッフに対しては、前室(撮影に入る前や合間の談話室のような所)に軽食やフルーツなどの差し入れを提供するのが慣習となっているとも言われている。

コロナ禍の収録のおける特殊事情も影響

 果たして、吉高は松潤の側室"於愛"役を演じる広瀬の控え室まで足を運ぶのか? 仮に吉高が行かなかったとしても、2カ月弱の重複する収録期間のニアミスは避けられないだろうと、ある関係者は証言する。

「2011年の上野樹里(36)が座長の『江~姫たちの戦国~』のときは、上野が少し早めにスケジュールを組んで前年の福山雅治(53)が座長の『龍馬伝』の収録を見学していたそうです。座長としての立ち振る舞いと、大河という独特な現場の空気を実感するためにです。演出家たちは今回も同じアドバイスをするでしょうから、広瀬とのニアミスも十分に想定できますよね」

 また別のテレビ関係者はこう話す。

「今はコロナ禍の影響もありスタジオの人数は制限されています。スタッフもなるべくふたりが会わないように気を使っているとは思いますが、当日の現場の撮影スケジュールもどんな変更があるかわかりません。前室でバッタリ…なんて可能性もあるでしょうね」

 気が早いと思われるかもしれないが、コロナ禍が始まって3年も経つことを考えれば、24年の大河ドラマ収録がスタートする日もあっという間だろう。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  2. 2
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  3. 3
    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

  1. 6
    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

  2. 7
    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

  3. 8
    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋

    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋