城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

園子温監督が性加害報道の出版社を提訴「テクニカルに勝ちを取りにいく」という見方

公開日: 更新日:

 この春、週刊誌などで“性加害問題”を報じられた園子温監督(60)が、その週刊誌の発行元などに対し、「報道された内容は事実と異なる点が多々ある」として損害賠償と謝罪広告などを求める訴訟を起こした。

 現状ではイメージが悪いということで、映画のプロデューサーも製作に二の足を踏んでしまう部分があり、また、収録済みの連続ドラマもあって、「何とか仕事が前進する格好にならないか」と考える向きもある。

 そもそも園監督は、日本では数少ない固定ファンがついている存在だ。「園作品だから見に行く」という人が大勢いるということは、監督だけでも動員力があるということ。今後とも作品製作を続けて欲しいという需要はあるし、園作品にかかわって仕事をしている人もたくさんいる。

 今回の訴えは、もちろん園監督が記事の内容に怒っているということが前提だろう。「事実と異なる点」については裁判の中で明らかにするということだが、おそらく、監督という立場を“利用”して女優を誘ったということはあっても、相手にも「映画に出られるのなら」といった“合意”があったと主張したいのではないか。以前から園監督については、あくまで業界の噂としてだが、「お気に入りの女優が必ず出演している」という話が流れていた。園監督にしてみれば、嫌なら断ればいいし、無理強いはしていないとしたいはずだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記