ミュージカル俳優・井上芳雄の凄まじいポテンシャル テレビの「脱お笑い路線」にピッタリ

公開日: 更新日:

 ミュージカル俳優・井上芳雄(42)の活躍が目覚ましい。4月から「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)のMCに就任。東野幸治(54)、後藤輝基(47)と週替わりで登場している。また、18日生放送のダンス日本一決定戦「THE DANCE DAY」(同局)では水卜麻美アナ(35)と共にMCをつとめ、平日夜の特番にもかかわらず、最高視聴率12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と健闘。セリフによどみなく、生放送もそつなくこなし、局内では“新たな戦力”として評価も上々だという。

 井上は東京芸大の声楽科に在学中からミュージカルに出演。ブロードウェーミュージカルの日本版等で活躍し、山崎育三郎(36)、浦井健治(40)とともに“ミュージカル界のプリンス”と呼ばれている。私生活では、16年に舞台で共演した知念里奈(41)と結婚、現在2児の父でもある。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「今テレビ局は若い視聴者層獲得のため、出演者の若返りを図っており、MC陣も入れ替えが始まっています。井上さんの舞台で築いた人気の基礎票、トーク力、とっさの対応力はまさに“即戦力”。奥さんの知念さんの知名度も彼の好感度を上乗せしている。ヤミ営業、ゲス不倫などスキャンダルが続くお笑い芸人と距離を置こうとしている中、井上さんはスキャンダルとは無縁で気品もある。既婚で子持ち、子育て世代の視聴者層と同じ目線で語れる背景もあり、フジテレビ『めざまし8』の谷原章介さんの次を行く人材といえます。場数を踏めば大化け、ややもすれば『スッキリ』の加藤浩次さんを揺るがす存在になるかもしれません」

 ほぼ日テレ専属の逸材だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記