三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

名前がダービー馬っぽいのはドウデュース!

公開日: 更新日:

 今週はいよいよ日本ダービーですね。我々競馬に携わるもの(馬券でだけですが)にとって一年の締めくくりといいますか、身の引き締まる1週間を過ごしてます。私のダービーデビューはトウカイテイオーの年。まだ枠連だけの時代でトウカイテイオーが単枠指定。懐かしいですね、この言葉。

 新宿の場外馬券場でレース後に「まともで5-8狂って5-8」と2着レオダーバンから3着イイデセゾン、4着コガネパワーまでが5枠同枠で得意がってるオヤジがいたのを思い出します。翌年はスパルタ坂路調教の戸山厩舎のミホノブルボンが優勝。2着のライスシャワーを皐月賞では勝ってたのにダービーでは買わなかったら馬連が3万円弱の大万馬券! 血統を見ればリアルシャダイ産駒って長距離血統なのに気づいても後の祭り。ウイニングチケットで悲願のダービー制覇をした柴田政人の年はまだ競馬を始めたてで柴田政人に思い入れはないもののなんか感動しました。あの年はウイニングチケット、ビワハヤヒデ、ナリタタイシンの三つ巴。ビワハヤヒデ嫌いな私はちゃんと馬券をハズしました。

 そしてナリタブライアンの年の2着馬エアダブリンの頃から青葉賞勝ち馬との相性の悪さが露呈、今に至ります。フサイチコンコルド、別名和製ラムタラ。買ってませんでした。藤田伸二騎手のファンだった人間としては痛恨のミスでした。スペシャルウィークの時は人気薄の2着(14番人気)で万馬券でしたが人気薄の3着(15番人気)の馬券を持ってた私は気を失いそうなほどガッカリ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記