フジ井上清華にのしかかる「めざまし」視聴率死守の重圧 ベテラン2人が定年で大ピンチ!

公開日: 更新日:

 視聴率低迷中のフジテレビで4年連続、同時間帯トップを維持し、気を吐いているのが「めざましテレビ」。

 94年に番組スタート。八木亜希子高島彩加藤綾子と、同局の顔となる人気アナを生み出してきた看板番組が今秋、ピンチを迎えると発売中の「週刊女性」が伝えている。番組を支える総合司会の三宅正治アナ(59)とエンタメキャスターの軽部真一アナ(59)が今秋、こぞって定年。ベテラン看板アナ2人が同時に抜ける「MKショック」で、番組はリニューアルを余儀なくされ、視聴率トップを維持できるかと懸念されているという。民放キー局関係者はこう話す。

「昨年11月に50歳以上の職員を大量リストラし、新社長も就任したフジテレビは現在、社内改革の真っ最中です。その後の時間帯の『めざまし8』が平均世帯視聴率5~6%を維持し、民放2位の日テレの『スッキリ』に肉薄する健闘を見せていますから、ここは何としてもトップを維持したいところでしょう」(民放キー局関係者)

 2人の後任は同局のアナウンサーが務めるとみられるが、力が入るのは、現在、三宅アナや生田竜聖アナ(33)と共に総合司会を務めている井上清華アナ(27)だろう。

充実の入社5年目

 井上アナは2018年入社。前任の永島優美アナ(30)に代わって昨年春から「めざまし」の総合司会に就任。今春からは、番組開始から12年半アシスタントを務めた加藤綾子アナに代わり「ホンマでっか!?TV」2代目アシスタントも担当するなど、局の期待は大きい。女子アナ評論家の松本京也氏はこう話す。

「若くて可愛らしかった印象だったが、最近は年齢とともにオトナの女性の雰囲気も出てきて、安定感も増してきた。“充実の入社5年目”といったところでしょうか。さんまさんとの掛け合いもさらにこなれてくれば、カトパンに負けない人気アナになる可能性は十分あると思います」

 毎年恒例の「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン)では、「めざまし」の総合司会を16~21年に務めた永島優美アナ(14年入社)がベスト10に顔を出したのは20年(9位)、21年(4位)の2回のみ。ランキングから見れば、永島アナは“人気が出るまで時間がかかった”と言えるだろう。

 一方、加藤綾子アナ(08年入社)は、入社3年目の10年に4位に初登場すると、「めざまし」に出演していた11~15年の5年間(1位→1位→2位→2位→2位)も含め、18年までベスト5をキープ。19年に10位となり、20年にベスト10から外れるまでランクインし続けた。“充実の5年目”を迎え、「めざまし」を背負って立つ井上アナ。まだ同ランキングのベスト10には登場していないが、カトパンばりにブレークすれば、ベテランなき後の「めざまし」の大黒柱なるのはもちろん。フリーに転身しても安泰である。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?