フジ井上清華にのしかかる「めざまし」視聴率死守の重圧 ベテラン2人が定年で大ピンチ!

公開日: 更新日:

 視聴率低迷中のフジテレビで4年連続、同時間帯トップを維持し、気を吐いているのが「めざましテレビ」。

 94年に番組スタート。八木亜希子高島彩加藤綾子と、同局の顔となる人気アナを生み出してきた看板番組が今秋、ピンチを迎えると発売中の「週刊女性」が伝えている。番組を支える総合司会の三宅正治アナ(59)とエンタメキャスターの軽部真一アナ(59)が今秋、こぞって定年。ベテラン看板アナ2人が同時に抜ける「MKショック」で、番組はリニューアルを余儀なくされ、視聴率トップを維持できるかと懸念されているという。民放キー局関係者はこう話す。

「昨年11月に50歳以上の職員を大量リストラし、新社長も就任したフジテレビは現在、社内改革の真っ最中です。その後の時間帯の『めざまし8』が平均世帯視聴率5~6%を維持し、民放2位の日テレの『スッキリ』に肉薄する健闘を見せていますから、ここは何としてもトップを維持したいところでしょう」(民放キー局関係者)

 2人の後任は同局のアナウンサーが務めるとみられるが、力が入るのは、現在、三宅アナや生田竜聖アナ(33)と共に総合司会を務めている井上清華アナ(27)だろう。

充実の入社5年目

 井上アナは2018年入社。前任の永島優美アナ(30)に代わって昨年春から「めざまし」の総合司会に就任。今春からは、番組開始から12年半アシスタントを務めた加藤綾子アナに代わり「ホンマでっか!?TV」2代目アシスタントも担当するなど、局の期待は大きい。女子アナ評論家の松本京也氏はこう話す。

「若くて可愛らしかった印象だったが、最近は年齢とともにオトナの女性の雰囲気も出てきて、安定感も増してきた。“充実の入社5年目”といったところでしょうか。さんまさんとの掛け合いもさらにこなれてくれば、カトパンに負けない人気アナになる可能性は十分あると思います」

 毎年恒例の「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン)では、「めざまし」の総合司会を16~21年に務めた永島優美アナ(14年入社)がベスト10に顔を出したのは20年(9位)、21年(4位)の2回のみ。ランキングから見れば、永島アナは“人気が出るまで時間がかかった”と言えるだろう。

 一方、加藤綾子アナ(08年入社)は、入社3年目の10年に4位に初登場すると、「めざまし」に出演していた11~15年の5年間(1位→1位→2位→2位→2位)も含め、18年までベスト5をキープ。19年に10位となり、20年にベスト10から外れるまでランクインし続けた。“充実の5年目”を迎え、「めざまし」を背負って立つ井上アナ。まだ同ランキングのベスト10には登場していないが、カトパンばりにブレークすれば、ベテランなき後の「めざまし」の大黒柱なるのはもちろん。フリーに転身しても安泰である。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた