向島の料亭「櫻茶ヤ」さんで長唄の会を催しました!

公開日: 更新日:

 東京にも京都のような花街はある。新橋・赤坂・神楽坂・芳町・浅草・大塚・八王子……中でも向島には現在も100人以上の芸者、半玉がいる。お座敷遊びはなんとなく敷居が高く利用するきっかけが難しいが、ご常連さんの口利きで向島・下町老舗料亭「櫻茶ヤ」さんで、なんと長唄の会を開くという夢のような経験ができた。

 2000年から始めた長唄。ギターやウクレレなど弦楽器が好きだったので三味線にも挑戦。それにより教育テレビで“いろはに邦楽”という番組を担当し、三味線・琴・尺八・笛・おはやし他、さまざまな和楽器の演奏家と共演。おそれ多くも人間国宝の方々とも演奏させていただいた。巡り巡って杵屋勝之弥先生に唄を習うようになるとどんどん楽しくなり、19年春には豚もおだてりゃ名取・杵屋勝之邦を襲名。一門の大きな演奏会にも参加したが翌年からコロナ禍になり発表の場が激減。それでもひたすらに唄の稽古を続けているうちにまた三味線も弾きたくなった。

 だが、いっときあんなに夢中で弾いていたのにとても下手くそでびっくりした。櫻茶ヤさんの会が決まり必死で稽古を再開した。隅田川の近くにある昭和8年創業の老舗「櫻茶ヤ」。今回は風情ある大広間で「勝之弥の会」として、唄は師匠・杵屋勝之弥、私の姉弟子・勝之哉、三味線は杵屋裕太郎、裕辰、私はおめでたい“松の緑”は前弾きだけ三味線で後は唄を、今の季節の“菖蒲浴衣”は唄を、“元禄花見踊り”は三味線を、など師匠と並んで座らせていただき3曲を披露。私としたことがど緊張で声がうわずったり三味線もちょこっと間違えたが、とても幸せな時間だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記