日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

公開日: 更新日:

「スッキリ」(日テレ系)のMCを務める加藤浩次(53)に強力なライバルが出現だ。いまや谷原章介(49)が司会を務める後発の「めざまし8」(フジ系)に追いまくられ、存在価値が急降下してしまった。この危機的状況を受け日テレ上層部は今年10月もしくは来年4月改編時に「スッキリ」の大幅リニューアルに着手するともっぱらだというのだ。

「リニューアルといっても実際は打ち切りです。スタッフや出演者全てを一新することも視野に入れているようだ。当然、MCの加藤も残ることはできない。更迭&リストラが囁かれています」(日テレ関係者)

 そんな加藤を脅かす存在として名前が挙がっているのが、この4月から同番組の火曜コメンテーターを務めているヒロミ(57)だという。

「大ブレークの後、一回テレビ界から姿を消しながらも完全復活を遂げた。あの不屈の精神力と安定したトーク力、さらにバランス感覚は卓越している。自分にどんな役割が求められているのか、視聴者が何を望んでいるのかが手に取るように分かるそうです」(放送作家)

日テレでの貢献度が高いヒロミ

 ちなみに現在、ヒロミのレギュラー&準レギュラー番組は「ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”」(テレ朝系)、「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」(中京テレビ、日テレ系)、「東大王」(TBS系)、「ワイドナショー」(フジ系)など計7本。

「すでにヒロミは『オモウマい店』で高視聴率を連発し、ほかにも日テレの肝となるバラエティー番組に多数出演し貢献しています。ヒロミが朝の帯番組を担当するのにふさわしい人物か見極めている」(キー局編成関係者)

 そんなヒロミを苦々しい思いで見つめているのが現MCの加藤だという。

「もちろん加藤もヒロミのことは200%意識している。日テレのスタッフは、もちろん何も話していませんが間違いなく自分の後釜候補だと推測しています。当然、嫉妬心というかライバル心が芽生えてくるわけです。火曜日はそうした意味で緊張感がある。加藤とヒロミのやりとりは何となくチグハグしている」(事情通)

 実は日テレは加藤とヒロミの関係がピリピリすることは織り込み済みだったという声もある。

「とにかく切磋琢磨させ加藤がやる気を出して『スッキリ』の視聴率がV字回復したら継続も視野に入ってくる。逆にヒロミが存在感をどんどん発揮して『スッキリ』の火曜日に関してはヒロミがメインを張るようになれば合格というわけです」(前出のキー局編成関係者)

 ヒロミがMCに昇格するのかどうかはまだわからないが、加藤の首筋が寒いことだけはたしかである。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記