ゼレンスキー大統領の「文化外交」手腕 情報戦略のプロが“刮目ポイント”を解説

公開日: 更新日:

【寄稿 北島純(社会情報大学院大学特任教授)】

 5月14日に伊トリノで開催された音楽祭「ユーロビジョン」でウクライナ代表の「カルシュ・オーケストラ」が優勝した。ユーロビジョンは推定視聴者約2億人を誇る欧州最大の音楽祭。これまでにABBAやセリーヌ・ディオン、最近では世界的にブレーク中の伊ロックバンド「マネスキン」(8月来日予定)を輩出した。

 今年の優勝曲「ステファニア」はウクライナ民謡とヒップホップを融合させ母の愛をラップで歌い上げる独特の楽曲。その公式ミュージックビデオが凄まじい。戦禍の中で女の子を抱き抱えた女性兵士が母親を捜し、無事に届けた後に戦場に引き返すシーンは、世界を震撼(しんかん)させた「虐殺の地」ブチャやイルピン等の現地で撮影されたホンモノだ。ビデオに映る、思わず目を覆いたくなるような廃虚は紛れもないウクライナの「今」なのである。この迫力を前にして我々は呆然とするしかないだろう。

 カルシュ・オーケストラは演奏後、マリウポリとアゾフスタリ製鉄所への支援を呼びかけ「ウクライナに栄光あれ!(スラーヴァ・ウクライニ!)」と叫び、視聴者投票で圧倒的な支持を集めて逆転優勝を果たした。ゼレンスキー大統領は「我々の音楽は欧州を制覇した」と称賛、長期化する侵略戦争下で欧州市民が差し伸べる支援の手が音楽シーンを席巻した形だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記