いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

公開日: 更新日:

 いしだ壱成(47)が再起へ向けて、本格的に動き出している。今年3月にトルコで植毛手術を受け、5月9日にはYouTubeチャンネル「いしだ壱成/Issei Ishida」を開設。15日には「ワイドナショー」(フジテレビ)に出演し、YouTubeにアップした【演じてみた】動画が紹介された。しかし、YouTubeの登録者数は20日にようやく3000人を超えたばかり。最高再生数も8万再生程度で、数は思うように伸びていない。

 いしだは地上波テレビの出演にも積極的で、20日はフジテレビ系「ポップUP!」の密着取材に応じ、現在は「3人から交際を申し込まれている」と自慢した。一方で14日に俳優の黒田勇樹(40)と行ったトークイベントで、「月9で復活したい」「名バイプレイヤー目指す」と述べていたことが伝えられた。YouTubeの【演じてみた】動画では、「太陽にほえろ!」のジーパン刑事やマカロニ刑事などに挑戦。コーナーをシリーズ化しようとしているので、やはり本気で俳優としての本格復帰を目指しているのだろう。

 伝説的な人気ドラマ「ひとつ屋根の下」(フジテレビ系)、「未成年」「聖者の行進」(ともにTBS系)に出演し、フェミ男ブームを築いたいしだだが、俳優として再起できるのだろうか。これに対し、ネットでは<他の道を模索したり就職したりしても長続きしなかったから俳優しかないと思っている感じがする>〈才能はあると思うけど、色々問題がある人を使うのはリスクしかない>と、懐疑的に見る向きが多いようだ。芸能界にしがみつこうとするいしだの姿勢に疑問を抱く声もある。しかし、最大の懸念材料は彼のメンタルヘルスの問題だろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記