芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

公開日: 更新日:

 清野菜名(27)が大手芸能プロダクション「トップコート」に電撃移籍したことが、関係者の間に波紋を広げている。昨今の芸能界の事務所移籍は佐藤健(33)、上野樹里(35)らに象徴されるように、「発展的なマネジメント契約の解消」「暖簾分け」が基本となっている。しかし、清野が所属していた「ステッカー」を離れて「トップコート」に移籍した理由を周囲に聞く限り、佐藤らとは少し事情が異なるようだ。

 今回の清野の移籍の引き金になったと言われているのは、先月「週刊女性」が報じた園子温監督(60)による複数の性加害問題だと言われている。園監督が「女はみんな仕事が欲しいから俺に寄ってくる」「主演女優にはだいたい手を出した」と漏らしていたと報じられた。

 園監督は19日、自身の公式サイトで、「事実と異なる点が多々ある」として、発行元の主婦と生活社を提訴したこと発表しており、今後、真偽は法廷で明かされるわけだが、あの報道がきっかけとなって、過去に園監督の作品に主演した女優たちにあらぬ嫌疑がかけられることになった点は否めない。

 主演女優たちは「アノ園監督作品で……」と色眼鏡で見られることになったことで、特に敏感に反応したのが広告業界だ。広告代理店関係者などから「園作品の主演女優たちはCMに起用しにくい」という声が漏れ始め、そんな空気が充満し始めたタイミングで今回の清野の電撃移籍だったわけだ。

園子温監督の“主演女優”のイメージは消える

 何を隠そう、モデルから女優になるも役に恵まれず、アルバイトの日々を過ごしていた清野を映画「TOKYO TRIBE」のオーディションで発掘し、ヒロインに抜擢したのが園監督だった。そして今回の清野の事務所移籍の最大のメリットは、芸能マスコミなどの"外敵"から身を守ることだと言える。

「ステッカーも駿河太郎など人気俳優を擁する大手事務所ですが、広告業界やテレビ局により大きな影響力を持つトップコートに移籍すれば、今後、事あるごとに園監督の話を引き合いに出される心配が減ると思います。タレントたちが好んで大手芸能プロと契約を交わしたがるのは、スキャンダル対策がしっかりしていることも大きなメリットのひとつです」(芸能プロ関係者)

 清野の移籍先の「トップコート」といえば、筆者は今から6年程前、新田真剣佑(25)の“ロサンゼルスの隠し子”をテーマに這いずり回ったことを思い出す。

 テーマが大変デリケートだったことから、慎重の上に慎重を重ねて取材を進めていたのだが、新田はそんな動きを知ってか知らずか、17年5月に突如「トップコート」への移籍を発表した。そしてこの移籍で、“ロサンゼルスの隠し子”の詳細は公になることはなくなった。大手芸能プロへの移籍というのはそれくらいの影響力があることなのだ。

■4年弱でトップコートを退所した新田真剣佑の現状

 そんな新田は4年弱でトップコートを退所するのだが、その後の彼のスキャンダルまみれの現状は、改めて説明するまでもないだろう。

「清野は7月に『キングダム2 遥かなる大地へ』、8月には『異動辞令は音楽隊!』、10月にも宮崎駿アニメ実写版『耳をすませば』と立て続けに映画の大作の公開が控えていて、業界内では『22年は清野菜名がグレード・アップする1年』と言われています。清野はそんな大切な時に園監督のあらぬ噂には巻き込まれたくなかったのでしょうね」(前出・芸能プロ関係者)

 早晩、清野と園監督を結びつけるような報道は鳴りをひそめるのではないか。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記