広末涼子再ブレークの理由は「NG」なし ママタレ&美魔女の二刀流でオファー続々

公開日: 更新日:

「CM撮影時、広末は大勢のスタッフが見守る中、上半身裸になって撮影に臨んでいます。当時話題になりましたが、あの肌は一切、加工していない。実際に彼女の肌はきめ細かく雪のように白かったそうです」(スポーツ紙芸能担当記者)

 女優としては映画「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」「あちらにいる鬼」が順次公開予定。ドラマや映画で名脇役のポジションをしっかり掴んでおり、「2024年の大河ドラマ『光る君へ』にも準主役で名前が挙がっているようです」(ドラマ関係者)という。

 そんな広末に対しバラエティー界も興味津々だ。

「ママになって落ち着いたというんでしょうか……。トークテーマにNGがなくなったんです。今月4日にOAされた『1周回って知らない話2時間SP』(日テレ系)は個人視聴率4%と好成績をマーク。確実に“ヒロスエブーム”が再来していることを立証したんです」(日テレ関係者)

■“ダブル涼子”が席巻中


 この放送を見た他局のバラエティー番組プロデューサー陣はこぞってオファーを出しているという。

「いまやドラマやバラエティー界で涼子と言ったら米倉涼子広末涼子のダブル涼子で決まりです。篠原涼子は離婚&不倫疑惑で自滅しスポンサー離れが始まりました。その穴を上手に埋めたのが広末です」(ワイドショー関係者)

 この勢いは当分、止まりそうにない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?