“Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

公開日: 更新日:

 芸能人の地方移住が相次いでいる。女優の柴咲コウ(40)は昨年、北海道で2拠点生活を始め、友人と共に牧場を共同経営。紗栄子(35)も昨年から栃木県に移住し、牧場を経営。松山ケンイチ(37)は18年から妻・小雪(45)と家族で2拠点生活を実現。“サステナブルかつスタイリッシュな移住ライフ”がトレンドになっている。芸人でも波田陽区(46)が16年から福岡に、元オセロの中島知子(50)が19年から大分に移住するなど、続々と地方に拠点を移している。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏がこう言う。

「コロナ禍で皆が気づいたことは、別に都会に固執しなくてもいいということ。お会いした移住タレントさんに聞いたところ、移住すると地元の名士と仲良くなり、スポンサードしている番組に起用されたり、私的なパーティーに呼ばれたり、マイペースで生きていくなら仕事に困らない。有名人が移住すると、地元での過ごし方を自身のユーチューブやSNSで発信してくれるため、移住希望者が増えるという地域のメリットも大きいそうです」

再上京して六本木でバーも経営

 そんな中、移住の先陣を切っていた、お笑い芸人のはなわ(45)が再上京して話題だ。11年に子育てのため地元佐賀にUターンし、佐賀市プロモーション大使に就任するなど佐賀に骨をうずめる覚悟だと思われていた。ところが、19年から始めたユーチューブ「はなわチャンネル」が現在登録者数43万人超え。トップユーチューバーの仲間入りし、昨年夏に再上京。現在は六本木でバーも経営している。

「弟のナイツ・塙さんがSNSで話題にしたり、ご自身のユーチューブがきっかけで再ブレークし、都心に近い方が仕事が便利になってきたのでしょう。ある意味成功の証しなのでは。とはいえ、はなわさんはレアケース。芸能人の移住者が増え、今までのように地方でも“そこそこ食える”かどうかは未知数です。地元に強いローカルタレントもいますし、エリアによってはレッドオーシャン化しているかもしれません」(前出の井上氏)

 地方移住ブームはいつまで続くか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記