本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

上島竜兵さんは“気遣いの人” よく思わないスタッフは日本中一人もいない

公開日: 更新日:

 生放送の際には、スタジオにいる私に「ここでボケてもいい?」「ここでキレてもいい?」という、アイコンタクトをされ、私は胸の前で小さく丸印を作りOKサインを送ったり、「もう少し待ってください」と手のひらを下に向けて“抑えて”と、上島さんと私しかわからない合図を交わしていました。ボケた後も必ず私の方を見てこられ、「OKです」と丸印を作ると上島さんは笑顔で小さくガッツポーズをされていました。常にご自分のウケより全体のウケに気を配り、ほんとにしっかり押し引きのできる“プロフェッショナル”でした。

 師と仰ぐ志村けんさんのお話を伺うと、直接電話をもらって酒席に伺い、数日後に「バカ殿」の仕事が入り、後に「家来として出ろよ(レギュラーになること)と言われた時はうれしかったですね。夢みたいでした」とその時のことを思い出すように目を潤ませて話しておられました。

 喜劇が好きで、将来は「“笑わせて泣かせる”人情喜劇をやりたいですね」と熱く語っておられた上島さん。天国の志村さんが「おめーが来るのは早すぎるんだよ!」と叱っておられそうですが、“師弟”で喜劇談議に花を咲かせていることでしょう。

 謹んでご冥福をお祈りいたします。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?