本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)などの著書がある。新著「1秒で答えをつくる力──お笑い芸人が学ぶ『切り返し』のプロになる48の技術」(ダイヤモンド社)が発売中。

上島竜兵さんは“気遣いの人” よく思わないスタッフは日本中一人もいない

公開日: 更新日:

 ダチョウ倶楽部の上島竜兵さん(享年61)の突然の旅立ちは、お笑い業界全体が悲しみに包まれました。関西ではなかなか受け入れられない関東の芸人さんもいますが、ダチョウ倶楽部さんはひっぱりだこで問題はスケジュールだけ。どんな番組でもしっかり盛り上げてくれる、本当にありがたい存在でした。私の番組でもゲストで何度か来ていただき、楽屋でもいろいろなお話を伺い、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。

 今回のことであらためて認識したのは、上島さんは関西出身だったこと。それがあえて関西弁を使うことをせず、理由まではもちろんわかりませんが関東の芸人として“生き抜くんだ”という強い覚悟をしてらっしゃったのかなと思います。

 私が一番感じた“上島竜兵”像は「気遣いの人」。役職も年齢も関係なく、全員に「おはようございます。今日はよろしくお願い致します!」と頭を下げられるのですがこれが形式上ではなく、気持ちがこもっていることがわかるあいさつをされていました。ダチョウ倶楽部さん皆さんがそうでしたが、特に上島さんはきちんとされていて、仕事をしていてほんとに気持ちのいいタレントさんでした。仕事をされた方で嫌いなスタッフはもちろん、よく思っていなかったというスタッフも日本中に一人もいないのではないでしょうか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今