落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

公開日: 更新日:

桂米助さん(落語家/74歳)

 ワイドショー「ルックルックこんにちは」(日本テレビ系)で1985年から2011年まで、26年間も続いた人気コーナー「突撃!隣の晩ごはん」。リポーターを務めていた落語家・桂米助さんは、同番組終了後も他番組で一般家庭の食卓を突撃リポートして視聴者を楽しませていた。ヨネスケさんの突撃をテレビで見られなくなって長いが、ヨネスケさん、今、どうしているのか。

  ◇  ◇  ◇

 新宿の喫茶店で会ったヨネスケさん、まずは大好きな野球の話から。

日本ハムのBIGBOSSが盛り上げてくれてワクワクしています。82年からメジャーリーグの観戦にも行くようになって、30球場中25球場に行ったほど。とくにイチローさんを追っかけてるから、マリナーズ会長付特別補佐か何かになってからも、彼のコーチぶりを見に行きたい。大谷翔平? 見たいけど浮気は良くない(笑)。そもそもコロナで、まだ今年も海外は行きにくいけどね」

 ヨネスケさん、コロナ対策に人一倍気をつかっているようだ。

「だって、ボクらみたいな高齢者は、もしかかったりなんかしたら命が危ないだけじゃなくて、世間に『いい年して分別もつかねえのか!』なんてSNSで叩かれるでしょ。だから、まん防が明けても、コロナ前のようには飲みに行けないですね。家飲みばかりですよ」

 長年連れ添った夫人とは、15年に離婚。都内のマンションで1人暮らしだから、こまめに自炊しているという。

「朝は野菜ジュースを作って飲んで、夜はショウガ焼きでもトンカツでも何でも作って食べてます。酒は焼酎をコップ2、3杯飲んだだけですぐ酔って寝ちゃう。1人でテレビ見ながら飲んでたってつまんないしさ。テレビはNHKの連続テレビ小説とかBSのホームコメディー『しずかちゃんとパパ』、テレビ東京の『Youは何しに日本へ?』とかを見てます。『みんな、がんばってんな』って思って、ポロポロ泣きながら」

 年をとって涙もろくなったか。ヨネスケさん、再婚話はないのか。

「結婚はもういい! そんなことをしたら、孫にどんな顔で見られるか。コロナで遊びに行けないから出会いもなく、こんなに清潔な生活をしたのは人生で初めてだってくらいですよ(笑)」

 子どもは42歳の長男、39歳の次男、37歳の長女の3人。長男と長女は結婚し、孫は小学2年の男の子を筆頭に4人いる。

「子どもらとは電話でちょくちょく話してます。長生きしたいとは思わないけど、孫の成長は見たいですねぇ。とくに、5歳になる女の子なんてかわいくて、その子が17~18歳になったらどんな感じかな、って楽しみですよ」

 すっかり好々爺風な発言だが、落語家として現役。モテないはずはないと思うが……。

「いやいや、振られ人生! しゃべり過ぎが原因ですね……って、そんなことより、高座や講演は月に何本もやっていますよ。物忘れと闘いながら(笑)。それから、YouTube『突撃!ヨネスケちゃんねる【落語と晩ごはん】』も2年前に始め、噺家の楽屋で見せる素顔とかをお伝えしています。登録者数は2万7000人近くいますから、落語家としてはいい方なんじゃないですかね。若い方には『ヨネスケさんって落語家なんですね』なんて言われましたよ(笑)」

 空いた時間はウオーキングに励む。しかし、実は昨年、過敏性肺炎と胆石で入院していた。

「過敏性肺炎は風邪のような症状で1週間入院。胆石では腹腔鏡手術を受けました。コロナで時間があるときだったからちょうど良かったですよ」

来年には主演映画が公開

 さて、ヨネスケさんは高校卒業後、4代目桂米丸師匠に入門し、81年に真打ち昇進。翌82年、日本放送演芸大賞ホープ賞を受賞し、85年から始まった「突撃!隣の晩ごはん」のリポーターで人気・知名度を獲得した。

「『突撃!──』にはオーディションで起用されました。最初は1クール(3カ月)の予定だったから、長く続くなんて、思いもしませんでした」

 突撃した家庭は約6000軒。全国津々浦々、離島にまで足を運んだ。

「千葉・勝浦の漁師のご家庭は『ろくな食事じゃないから恥ずかしい』と言って、アワビや伊勢エビ、ウニが入ったカレーライスでした。漁師さんには肉がごちそうで、アワビとかはごちそうじゃないんですね。そりゃ、うまかったですよ! だいたい地方の方が歓迎してくれました。田園調布なんて、36軒回って全部断られましたから」

「突撃!──」の人気は健在で、2023年には“バカ映画の巨匠”といわれる河崎実監督が、ヨネスケさん主演で映画「突撃!隣のUFO」を公開予定だ。

「この年で主演映画なんて、ありがたい話。製作資金の一部をクラウドファンディングで募ったら、見事、目標額を達成しましてね。みなさん、楽しみにしていてください!!」

(取材・文=中野裕子)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記