NHK「ちむどんどん」の切り札? 歌子(上白石萌歌)の“入浴シーン”にネットは驚きと歓喜

公開日: 更新日:

《これですよ、これ》《「ちむどんどん」キター!》

 一部メディアでは「やや強引で唐突感があるストーリー展開」などと酷評されているNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」。16日の放送回(第26話)の平均世帯視聴率は15.4%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)で、“合格点”とされる20%台にはなかなか届かないが、17日(第27話)の放送回では、終了直後から視聴者がSNSなどで大盛り上がり。タイトル通り、沖縄の方言でいう「胸がわくわくする」「心がドキドキする」の意味を示す「ちむどんどん」の展開となった。

 沖縄のサトウキビ農家の次女で、沖縄料理に夢を託すヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)とその家族をめぐる物語。17日の回は、暢子が横浜・鶴見区に住む沖縄県人会会長の平良三郎(片岡鶴太郎)と知り合い、銀座の高級イタリアンレストランを紹介される展開だった。

 ネットで“大喜利状態”となったのは、物語が始まってから5~6分後のこと。比嘉家の末娘・歌子(上白石萌歌)が頭に白いタオルを巻いて五右衛門風呂に入るシーンだ。わずか1~2分程度だったが、額にうっすらと汗をかきながら、風呂に薪をくべる長女・良子(川口春奈)とやり取りする場面に対し、ネット上では《これは予想付かなかった》《お色気シーンが「ちむどんどん」の切り札だったのか》と驚きと歓喜の声が広がった。

《『私も入ろっかなあ』と言って、次に春奈ちゃんが入浴するかも、と思ったよ》なんて声もあったが、これから視聴率がアップするかもしれない。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ