NHK「ちむどんどん」の切り札? 歌子(上白石萌歌)の“入浴シーン”にネットは驚きと歓喜

公開日: 更新日:

《これですよ、これ》《「ちむどんどん」キター!》

 一部メディアでは「やや強引で唐突感があるストーリー展開」などと酷評されているNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」。16日の放送回(第26話)の平均世帯視聴率は15.4%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)で、“合格点”とされる20%台にはなかなか届かないが、17日(第27話)の放送回では、終了直後から視聴者がSNSなどで大盛り上がり。タイトル通り、沖縄の方言でいう「胸がわくわくする」「心がドキドキする」の意味を示す「ちむどんどん」の展開となった。

 沖縄のサトウキビ農家の次女で、沖縄料理に夢を託すヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)とその家族をめぐる物語。17日の回は、暢子が横浜・鶴見区に住む沖縄県人会会長の平良三郎(片岡鶴太郎)と知り合い、銀座の高級イタリアンレストランを紹介される展開だった。

 ネットで“大喜利状態”となったのは、物語が始まってから5~6分後のこと。比嘉家の末娘・歌子(上白石萌歌)が頭に白いタオルを巻いて五右衛門風呂に入るシーンだ。わずか1~2分程度だったが、額にうっすらと汗をかきながら、風呂に薪をくべる長女・良子(川口春奈)とやり取りする場面に対し、ネット上では《これは予想付かなかった》《お色気シーンが「ちむどんどん」の切り札だったのか》と驚きと歓喜の声が広がった。

《『私も入ろっかなあ』と言って、次に春奈ちゃんが入浴するかも、と思ったよ》なんて声もあったが、これから視聴率がアップするかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記