NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

公開日: 更新日:

 復帰50周年を迎え、沖縄はもとより各地で関連行事やイベントが行われる中、沖縄を舞台とした今期のNHK朝ドラ「ちむどんどん」の視聴率が振るわない。

 沖縄北部のやんばる地方出身で、貧しさに負けず上京し、料理人の道を目指す比嘉家の3姉妹の次女・暢子(黒島結菜・25)の成長と家族の絆の物語。3姉妹の長女・良子を川口春奈(27)、三女の歌子を上白石萌歌(22)と主役級の女優が演じ、夫に先立たれた母を仲間由紀恵(42)が演じている。明るく真っすぐな主人公が、苦難を乗り越え自分の道を歩んでいくという朝ドラの王道の展開だ。

 初回(4月11日)の平均世帯視聴率は16.7%と、前作「カムカムエヴリバディ」の16.4%をわずかに上回ったが、その後“離脱者”がジワジワ増加。週平均視聴率は、第1週(4月11~15日)の16.3%から、第4週(5月2~6日)は14.5%にまで落ち込んだ。直近の第5週(5月9~13日)は15.2%とわずかに持ち直している(関東地区・ビデオリサーチ調べ=以下同)。

 内容も視聴者にツッコまれており、ツイッター上では〈#ちむどんどん反省会〉〈#ちむどんどんしない〉というハッシュタグが登場。放送後は、“リアリティーのなさ”や“ご都合主義の展開”をつぶやくことが定番となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記