広瀬アリスらが休業宣言、大物の急逝相次ぎ…芸能人のメンタルケアに頭を悩ます事務所の内情

公開日: 更新日:

■事務所の過干渉を嫌うタレントもいる

 レギュラー番組を何本も抱え、まさに寝る間も惜しんで働いていることを武勇伝のように語るタレントもいたりする。業界の常識は世間の非常識で、確かに働き方改革にはそぐわないことも多いとはいえ、ある芸能プロ幹部が“苦しい内情”をこう明かす。

「海外のセレブや芸能人には“お抱え”のカウンセラーがいたりしますけど、日本ではあまり聞きません。そもそも芸能人は“個人事業主”であって社員ではない。事務所としては社員であるマネジャーのケアはしても、タレントのケアは担当のマネジャー任せになる。どこまでケアできるかは個々のマネジャーの資質によりますし、複数のタレントを担当するケースがほとんどです。タレント全員に目配りできるかといえば、なかなか難しいものがある」

 もちろん事務所として相談には乗るし、面倒も見るが、売り出し中の新人ならいざ知らず、事務所の過干渉を嫌うタレントも少なくない。芸能人仲間と飲んで遊んでストレス発散したがるが、それもコロナ禍でままならなくなった。

「不安や悩みを打ち明けられるほど密な関係になる前に、担当マネジャーが辞めたり代わったりするのも日常茶飯事の世界ですからね」(前出の芸能プロ幹部)

 問題の根は、なかなか深そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?