トレンド入り岡山天音「恋愛モノ」もハマる可愛いキャラで大ブレークの予感

公開日: 更新日:

 松本氏は、今年2月に上演された舞台「hana-1970、コザが燃えた日」を鑑賞し、岡山の繊細な演技に魅了されたという。

「出演人数が少ない舞台の中で、松山ケンイチさんや、余貴美子さんという名優と演技合戦を繰り広げた岡山さん。家族にも話せない秘密と心の傷を抱えた青年という非常に難しい役でしたが、細かな表情や手の癖などを用いて見事に演じ切っていました。今後ますます活躍する人だなとは感じていましたが、まさか恋愛モノもこんなにハマるとは。いい意味で裏切られた気分です」(エリザベス松本氏)

 恋マジのキスシーンを見た視聴者からは、〈恋マジの男性キャストの中で、一番沼にハマりそうなのは天音君〉〈天音君の顔がタイプ〉といったコメントが書き込まれていた。続いて放送された「占って」でも、岡山のクルクル変わる表情に〈天音君が可愛くって、つい見ちゃう〉などと引き込まれた人が多かったようだ。

松村北斗さんに藤木直人さんと、恋マジはいわば正統派のイケメン俳優が揃っています。その中で岡山さん演じる克巳が一番人気のキャラになったら……回を重ねるほどに克巳役の見せ場は増えそうですし、このままいくと最終回では克巳が一番人気というのもあり得ない話ではない。まさに岡山さんの出世作になりそうです」(テレビ誌編集者)

「占って」では占い師の星ひとみ氏に「2022年4月から6年間(俳優としてのブレイクが)スタートする」と断言された岡山。すでにドラマや映画で見ない日がない売れっ子だが、恋マジでさらなる飛躍を遂げそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?