桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

芸能人は猫も杓子も必死に「好感度アップ」狙い…ってどうよ?

公開日: 更新日:

「ベストマザー」広末涼子は無双再び!?

 ここ数週間、やたらと広末涼子を見かける。初エッセー集「ヒロスエの思考地図 しあわせのかたち」の宣伝で番組に出まくっているようだ。3人の子供を持つ広末。息子に「クソババアと言われた」という子育てエピソードも解禁で、ママキャラを前面に押し出してきたと思ったら、今度は「ベストマザー賞」受賞ときた。

 その際、「自分が先駆者的に子育てをしていても『女優はできるんだ』ということを立証できたら、この業界だけではなくて保育士さん、警察官、どういうお仕事でも女性が子育てをしながら活躍していける場が開けていくんじゃないか」とのコメントが絶賛の嵐。広末無双再びの勢いさえ感じる。好感度も爆アゲだ。

 広末と同時に「ベストマザー賞」を受賞した金子恵美、鈴木亜美、近藤千尋ら。金子は浮気夫(宮崎謙介)を許す寛大な妻のイメージ。最近は「めざまし8」(フジテレビ系)のコメンテーターとしても活躍している。不倫夫を許して更生させれば好感度が上がるというのも変な話だが、古くは中村玉緒、最近は三田寛子ら「サレ妻」の好感度は高く、昨今の佐々木希の活躍ぶりを見ても、それは間違いなさそう。

出演者が興奮する気さくなミポリン

 7日「人生最高レストラン」(TBS系)には一時代を築いたアイドル中山美穂が出演。着物姿で登場した妖艶な姿にMC加藤浩次とサバンナ高橋茂雄も興奮気味。何をしゃべっても喜んでくれるからミポリンにはやりやすそう。

 アイドル時代の唯一の楽しみが楽屋弁当で、お気に入りは「金兵衛」「津多屋」「鳥久」だったと弁当談議。18歳ですぐに車の免許を取って赤のアウディで秋田まで往復したり、工藤静香横浜の港の見える丘公園までドライブしたり。小泉今日子宅によく泊めてもらってマイパジャマを置いていたなどアイドル時代の話を徐々に解禁。さらに、行きつけのイタリアンレストランのオーナーがVTRで登場し、気さくなミポリンのエピソード満載で好感度アップ間違いなし。

主婦の“理想の料理男子”はDAIGO

 忘れてはいけないのが、DAIGO上沼恵美子の後、月~金放送の「DAIGOも台所~きょうの献立何にする?~」(テレビ朝日系)が大人気に。

 好感度アップの理由は使った皿をエンディングでちゃんと洗うところ。作るだけではダメ、皿洗いまでしましょう、と世の男性を啓発する役目を担う。必然的に主婦の好感度はアップ。理想の夫ナンバーワンも時間の問題だ。

 猫も杓子も好感度アップ狙いに必死。そんな世の中どうよ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟