「六本木クラス」ヒロイン役の新木優子に「気を付けて」とファンが警戒呼びかけるワケ

公開日: 更新日:

<俺たちの優子を守れ!><これはドラマどころじゃないな>……。

 2020年1月から韓国で放送され、日本でもネットフリックスで配信されて人気となったドラマ「梨泰院クラス」。7月から、俳優の竹内涼真(29)が主演し、日韓共同プロジェクトドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)としてリメイクされることがすでに公表されていたが、そのヒロイン役の1人として女優の新木優子(28)の出演が決定した、と報じられた。

「梨泰院」を「りやすいん?」「りたいん?」「なんて読むの?」などと会話している人はともかく、大雑把に言うと、同ドラマは、正義感の強い主人公の青年が、仲間とともに飲食業を通じて巨大企業に対して真正面から立ち向かう話。詳しくはオリジナル作品を見てほしいが、今回、新木の配役が決まったのが、竹内が演じる主人公(宮部新)の同級生で初恋の相手(楠木優香)だ。

 人気作品のヒロイン役に「美女」が登場となれば、今後、注目は間違いなしなのだが、このキャスティングに苛立ちを見せているのが新木ファンだ。

共演者キラーの竹内涼真

<竹内涼真といえば、共演者キラーの男とうわさされる人物。これはやばい>

<ヒロイン役がなかなか決まらなかったのも、主演の竹内を敬遠した女優が続出していたからだそうな>

<優子ちゃん、気を付けて!>

 どうやら、これまで共演者と散々、浮名を流してきたと報じられている竹内を強く警戒しているようだ。

「新木優子さんの素顔の美しさは芸能界では異次元レベル。その相手役がいろいろと報じられている竹内さんなので、新木ファンにとっては落ち着かないでしょう。もともと、『梨泰院クラス』は複雑な人間関係の描写などがあり、放送回数が限られた日本のドラマではリメイクが難しいと言われている作品です。ドラマの本筋とは違うところに話題が向かうのも仕方がないかもしれません」(放送作家)

 視聴率は上がるかも。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    仰木さんと川崎球場から銀座のクラブに直行…小宮悦子アナとの関係を尋ねると

    仰木さんと川崎球場から銀座のクラブに直行…小宮悦子アナとの関係を尋ねると

  2. 2
    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

  3. 3
    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

  4. 4
    お得に出かける「シニア旅」最大60%オフになるサービスも

    お得に出かける「シニア旅」最大60%オフになるサービスも

  5. 5
    日本ハム新庄監督ショック…リーグ戦再開後5連敗より深刻な守護神・北山の連続救援失敗

    日本ハム新庄監督ショック…リーグ戦再開後5連敗より深刻な守護神・北山の連続救援失敗

  1. 6
    能登半島の次は小笠原諸島で…父島近海M6.2の揺れは南海トラフの予兆か?専門家に聞いた

    能登半島の次は小笠原諸島で…父島近海M6.2の揺れは南海トラフの予兆か?専門家に聞いた

  2. 7
    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

  3. 8
    阪神が陥る“鯉わずらい”の元凶はベンチワークにあり サヨナラ負けで広島に今季10戦未勝利

    阪神が陥る“鯉わずらい”の元凶はベンチワークにあり サヨナラ負けで広島に今季10戦未勝利

  4. 9
    米プロバスケの審判が試合中に心臓発作! 命を救った選手の“本業”は…

    米プロバスケの審判が試合中に心臓発作! 命を救った選手の“本業”は…

  5. 10
    ナインティナインはNSCをクビになっていた!「岡村・矢部出入り禁止」事件

    ナインティナインはNSCをクビになっていた!「岡村・矢部出入り禁止」事件