“眞子さんの乱”長期化は、親身になって皇族を守る側近官僚がいなくなったことが原因

公開日: 更新日:

 皇室には「オモテ」と「オク」があり、時代に対応した改革が進んでいないことを前回書いた。「眞子さんの乱」が長引いた原因もそこにあるように思える。男尊女卑の「オク」が変わらなければ、皇族の結婚はさらに難しくなるだろう。それには、同時に「オモテ」の改革も必要になる。「オモテ」の改革とは宮内庁の改革のことである。これがなかなか簡単ではない。先に昭和天皇が宮内庁のセクショナリズムを批判したと述べたが、こんなことも語っている。

〈宮内庁へ人の来ぬのは、経済上の不利の理由もあろうが、立身出世主義である事が主原因だと思ふ。自分の為、自分を光らせるといふ事に熱心で、自己の利益、権利、自由といふ事を主張して(略)権利だけで義務の念がない〉(「昭和天皇拝謁記〈1〉」)

 戦後のデモクラシーをはき違え、自己中心的な人が増えて良い人材が集まらなくなったとこぼされたようだ。

 宮内庁の職員が変わったのは戦後かもしれない。戦前の宮内省は内閣から独立していて、宮内大臣をコントロールできるのは天皇だけだった。また上級職員は天皇の名において雇い、天皇が認証する天皇の官吏だったが、戦後は内閣の下部組織になって天皇は人事権を失った。現在、一般職員には国家公務員試験に合格した者などが採用されるが、長官や次長、式部官長、皇嗣職大夫など上層部は霞が関の官庁から送り込まれる。上が日和見を決め込めば、下もそれに追随するだろう。それでも、1980年代までは、まだ戦前の面影があったという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

  4. 4
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  5. 5
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  1. 6
    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

  2. 7
    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

  3. 8
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  4. 9
    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

  5. 10
    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い

    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い