芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

橋本環奈「千と千尋」大ヒットでも浮かぬ顔の理由は…NHK好感度調査では常に上位なのに

公開日: 更新日:

「東宝」創立90周年の記念事業のひとつとして2月に始まった舞台「千と千尋の神隠し」が日本の演劇界で今年最大のヒットとなっている。橋本環奈(23)と上白石萌音(24)のダブルキャストで話題になったこの舞台は、初日から7月の名古屋「御園座」までの全公演が全て完売した。

 今回の舞台の成功は、やはり好感度の高い2人をキャスティングしたことが大きい。中でもこれが初舞台である橋本が、日々ステップアップしていく姿を目の当たりにできるのがスタッフたちのモチベーションにつながっているという。

「公演初日から今までの演技を見比べると成長ぶりが一目瞭然です。明らかに女優としての熱量が変わってきています。芝居がびっくりするほど大きくなっていますし、マスコミにダメ出しされた発声方法も見違えるほど上手になりました。公演当初、橋本は上白石との比較をすごく気にしていたらしいのですが、最近では全くと言っていいほど口にしなくなりました。自分の芝居に自信を持った何よりの証拠でしょう……」(演劇関係者)

 舞台女優としても成長した橋本には、以前にも増してドラマや映画のオファーが殺到しているといわれている。

 そんな声も耳に届いている橋本は、さぞかし上機嫌かと思いきや、公演終盤を目前にして、あまり元気がない様子だという。「千と千尋──」の世界公演も噂されるこのタイミングで、橋本のテンションを下げさせているものとは一体何なのだろうか。

「公演直前に発表されたNHK朝ドラのキャスティングが原因だといわれています。来年前期の朝ドラは神木隆之介(28)が主演を務めます。その妻役に浜辺美波(21)が追加発表されました。芸能界で橋本の“妹分”として知られる浜辺は、役づくりから恋愛相談まで悩みがあると真っ先に橋本に相談するそうです。橋本からすれば、後輩が朝ドラのメインキャストに決まったことで、もちろん祝福はしたものの『どうして自分には声がかからないの?』と不安に思っているようなのです」(芸能プロダクション関係者)

 橋本はプライベートで2年前に購入したといわれている高級マンションに、若手女優たちを集めて“環奈会”と呼ばれる飲み会を定期的に開いているといわれている。

“妹分”が次々と朝ドラに出演

 この会はギャランティーや待遇に関する話題、さらにはプライベートな恋バナで毎回大盛り上がりだというのだが、この副幹事的な存在なのが、橋本が可愛がっている“妹分”の浜辺と上白石萌歌(22)だという。

「橋本からすれば可愛がっている“妹分”たちが、自分より先にキャスティングされたのはうれしい半面、ちょっとだけ悔しい……という気持ちもあるはずです。舞台公演中でも『ちむどんどん』は欠かさずチェックしているそうですし、関係者を通じて『萌歌が凄くいいんだよね』という情報を耳にすれば、胸の中に何かモヤモヤとしたものが残ってしまうのは仕方のないことでしょう」(前出の芸能プロ関係者)

 実はNHKは、ドラマ制作の一環として若手女優の好感度を独自に調査しているという。そこで常に上位にランキングされているのが橋本だ。高齢者から若年層まで、幅広く支持を集め、「環奈さんの和服姿が見たい」とか「昭和レトロが似合いそう」なんて声も視聴者からあるそうだ。本来であれば、「もはや朝ドラ出演待ったなし!」の状態なのである。

 しかし、朝ドラのヒロインは、複数の大手芸能プロダクションの持ち回りで決まっている現実がある。オーディションで決まった俳優も、その多くは大手芸能プロ所属で、全くの一般人がオーディションで大役を射止めたという話は聞かない。いくら人気があっても橋本のような独立系の事務所に所属する女優にお鉢が回ってくるケースも珍しい。

 橋本が舞台での成功を追い風に、満を持して朝ドラ出演のチャンスをつかみ取る日はいつになるのか、目が離せない。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

  3. 3
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  4. 4
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  2. 7
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 8
    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

  4. 9
    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

  5. 10
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格