連ドラ軒並み低迷のなか…草彅剛「ギャラクシー賞」個人賞受賞が意味するもの

公開日: 更新日:

 春ドラマはスター勢ぞろいの豪華な布陣でスタートしたが、世帯視聴率はどれも2桁をキープするのがやっとの低迷を続けている。現状では全ドラマが平均で10%を切るという可能性まで捨て切れない。

 そんな中で、4月28日に第59回ギャラクシー賞のテレビ部門個人賞の受賞者が発表された(主催は放送批評懇談会)。受賞者は元SMAP草彅剛(47)に決まった。選考理由は昨年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」で草彅が徳川慶喜を好演したこと。同会は「『慶喜はこういう人だったのかも』と思わせ、後世に残る徳川慶喜像をつくり上げた見事な表現力に敬意を表し」としている。個性的な顔立ちの草彅が表情を変えず、抑揚の少ない言い回しで存在感を際立たせていたことが評価されたのだと思う。

 今クールは各局とも連ドラに力を入れ、本数を増やした。だが、どのドラマも主役に魅力を感じていない視聴者が多いのではないか。「青天を衝け」の草彅は脇役ながら渋沢栄一を演じた主演の吉沢亮よりもキャラが立っていた。今のように数撃ちゃ当たる式にジャニーズのタレントを大量に露出させているようでは、このピンチをはね返すことができない。草彅のようなひと目見たら忘れられない俳優をどうやって育て、演出するか。知恵を絞ることが必要だろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

  2. 2
    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

  3. 3
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  4. 4
    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

  5. 5
    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

  1. 6
    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

  2. 7
    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

  3. 8
    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

  4. 9
    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

  5. 10
    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平

    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平