世界94カ国の男を知る「旅ドル」歩りえこさん「私が出会ったロシアの男、ウクライナの男」

公開日: 更新日:

目の奥が笑っていないロシア男

 緊迫した状況が続くウクライナですが、私がおよそ10年前、見聞きしたロシアとウクライナの人たちのことをお話ししますね。

 ロシアは最初にモスクワに入りましたが、とにかくロシアの男は笑わない。陰気で愛想がなくて仏頂面。何を考えてるか分からなくて不気味。「人前で笑ってはいけない」という文化があるようなのですが、ほほ笑んでも目の奥が笑ってないんです。プーチンもそうですよね。

 モスクワの赤の広場で写真を撮っていたのですが、昼間からウオッカをあおっている人たちがごろごろいる。そのうち数人の男が喧嘩をし始めて巻き込まれそうになりました。あれは怖かったな。

 当時はホテルにも盗聴器があるといわれていて、セキュリティーも厳しかった。とにかく街も人も、空気が重く、暗いんです。私がいてもジロリと見てくるだけで、声をかけてくる人は皆無。それは地方に行っても変わらなかった。

 一方、ロシアとは打って変わって、ウクライナの人はみなさん、優しくてフレンドリー。私がバックパッカーだと分かると、すぐに話しかけてくる。温かい雰囲気でした。男性もイケメン揃い。ロシアの女性もスラブ系で美しい人が多いんですが、ウクライナの女性もお人形さんのようにキレイな女性が多いです。

 今まで94カ国を旅して、50人以上の男性と夜を共にしてきましたが、残念ながらロシアやウクライナの男性とはないですね(笑)。

キーウのイケメンにナンパされ…

 でも、ウクライナではナンパされました。首都キーウで教会の写真を撮っていたら、突然、背が高い20代のイケメンの男性(タラス=仮名)にグイグイ道の真ん中へ腕をひっぱられました。見ると「モーゼの十戒」のようにすーっと人が引いていき、タラスは興奮して「カメラ! カメラ! ユーアーラッキー!」と私に写真を撮るように促しました。おそらく偉い司祭さんか何かだと思います。

 その後、「マイネーム、タラス、トゥデイ、トゥデイ、トゥギャザー!」と言って、キーウの街を案内してもらうことになりました。

 言葉はほとんど通じません。最初は彼の友達も含め4人でファストフードに行って筆談していたのですが、そのうち彼らも帰ってしまい、タラスとふたりであちこち巡りました。タラスはカッコよくてジェントルマン。束の間のデートは、「ローマの休日」ならぬ「キーウの休日」といった感じで、徐々にいい雰囲気になっていったのですが、私はその夜のバスでモルドバに移動することになっていたのです。

 彼が手を振ってバスを走って送ってくれたのが忘れられません。バスが決まってなかったら、きっと彼と一夜を共にしていたと思います──。

 私は政治的なことは分からないけど、とにかく早く戦争が終結して欲しい。破壊されたキーウの街を見るたびに、タラスは無事かなぁと心配になっています。

(聞き手=平川隆一/日刊ゲンダイ)

▽歩えりこ(あゆみ・りえこ) 旅行家・女優。1981年9月22日生まれ。東京都出身。5大陸世界94カ国を一人旅した「旅ドル」。バスト90センチ(Hカップ)のボディーを武器に、グラビアでも活躍。著書に「ブラを捨て旅に出よう 貧乏乙女の“世界一周”旅行記」(講談社文庫)などがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?